レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

メカニカル的なカッコ良さが集約されているクラブサウンド。Xinon / Fake

更新日:

2006年よりDJ活動しているクラバーの視点から今回の『Fake』のレビューをいたします。

Fakeについて

まず頭をからっぽにして通しで聞いた感想は『カッコ良い』の一言。カッコイイと言っても人それぞれであり、今日、世に溢れているクラブサウンド的なカッコ良さとは別に、純粋に男の子が喜ぶであろうメカニカル的なカッコ良さがこのアルバムに集約されています。
色々なアルバムを聞いている中、この曲はカッコ良いけどこれはダメだな。と言うのは多々あると思います。僕個人的には総じて全ての曲にカッコ良さを感じられます。
また各曲のみを個々に聞いたとしてもそれもそれでカッコ良さを感じ取れます。

アルバムは各トラック毎が繋がり、ひとつの作品として成り立つのは当然だと思いますが、その成り立ちをハッキリと感じ取れます。
それは、これから書くレビューに記載しますのでまずは、ジャンルとかそう言う既成概念を取り払った上で聞くと良いと思います。

このカッコ良さを念頭に各トラックをレビューして行きます。

トラックリスト

Tr.01 reactivation
Tr.02 changeable exposure
Tr.03 prologue
Tr.04 fake
Tr.05 material contact
Tr.06 komorebi

各楽曲レビュー

Tr.01 reactivation

あー。これはXinon氏の作品だな。と1発で理解出来る楽曲。
これから『fake』と言う作品が始まると言うワクワク感を感じ取れます。故にreactivationと言う曲名なんでしょうね。
勿論、Xinonさんの得意とするTrancyな要素も入って来るのでこの後は、こんな曲が来るんだろうな。と容易に想像出来る曲です。

Tr.02 changeable exposure

タイトルを見てガツン!とHardhouse系が来ると思いきや何ですか?コレ。お洒落でJazzyでPop感満載。
クラブミュージックよりもちょっとお洒落なハイファイ系(死語)の映画のサントラに使われていそうなキャッチーな曲です。
これぞ同人音楽!って感じがして僕は好きです。メロディの使い方が日本人好みですし。しかし、何故にこのタイトルなのか考えてみるのも同人音楽の楽しみのひとつですね。
僕ならXinon氏に直接、聞いちゃいますが(笑
この直接、交流が出来るのが同人音楽の世界なのでバシバシ質問しましょう(笑

Tr.03 prologue

Tr.02でJazzyなのが来たもんですからTr.03は何が来るかワクワクしちゃいますよね。で、この曲です!!感覚的には一目惚れ的な感じですね。カミナリが落ちた。的な感じでも良いと思います。
もうXinon節大炸裂。Xinon氏が最も得意であろうAcid Hardhouseです。
特に3:30辺りから来るバッキングメロディがより高揚感を前に出してくれます。
僕の一押しな曲です。

Tr.04 fake

いよいよアルバムタイトル『fake』が来ました。Tr.03と比べ少々一般的なリスナー向けな曲かな?と思いました。
あー。Tr.03の同系列かと思って聞いていると、またもや3:30から何とProgressive Houseが入って来るのです。
これはやられたな。的な感じですね。まさに『fake』ですね。
当然の事ながら背徳感、甘美的、そしてAcid Loopもありprologue(Tr.03)に対しfakeと対を成す楽曲だと感じました。

Tr.05 material contact

もう気分が上がりっぱなし!と思い聞いているとここは、やはり同人歴の長いXinon氏。しっかりツボを押さえて来ます。
90年代後半に聞いたTechno調の曲が上がった気持ちを少し押え、そのまま高揚した気分を維持してくれます。
ですが、この曲の特徴は『Chiptune』的な要素が入っていると言う事。
これはXinon氏のChiptune系のアルバムを聞いている方ならバシっと決まると思います。流れもクラブミュージックと言うよりもJ-Pop的な流れだと思います。クラブで聞くよりも1人で思いにふけながら聞くのがオススメですね。

Tr.06 komorebi

いよいよ、このアルバムラストの曲です。これから新しい世界が始まる感じのする曲です。空港のラウンジで旅行に行く前の気分に似ていますね。
ジャンル的に言うと『乙女ハウス』な雰囲気に少し前からEDMに使われているサイドチェインを流用したベース。それが懐かしさを感じさせ旅立ち(旅行)を思い出させるのかも知れませんね。
タイトルにある『komorebi』的な優しさがこの曲の特徴を更に後押ししていると思います。これはXinon氏のLiveのラストに是非、聞きたいです。

まとめ

こうしてレビューを書いている時に感じたのはクラブイベントに遊びに行き、楽しかった気持ちを自宅に持って帰るひとつのストーリー的なアルバムだと思いました。故に冒頭で記載した『成り立ち』がはっきりとしている訳です。
ただ個人的に欲を言えば、もう少しDJユース寄りな曲にして貰えるとより間口が広がるかな?と思いました。それを取り払ってもXinon氏の世界を体感出来る『カッコ良い』アルバムです。男の子は買え。

CREDIT・関連リンク

Music:Xinon(@Xinon_music)
Design:Ayanchu(ayanchu0725)

特設ページ:https://xinonmusic-fake.tumblr.com/
ダウンロード通販ページ(Bandcamp):https://xinon.bandcamp.com/album/fake

文責:MUZZicianz Records代表 Takahiro Aoki(@t4k4h1r0)

Pick up!!

12,859view

まぁ要するにただのまとめ記事です、ただネット上に情報がバラバラになっていると、それはそれで見辛いものがあるのでここらで一 ...

1,947view

著:Ark of Phantasm代表 Winna Strive(@Winna_Strive) イラスト:砂灯(@sat ...

702view

今更ですが、オフレポみたいなものです。こんにちは、主催のタチやん(@mofday)です。 第25回文学フリマ東京に、サー ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , ,

Copyright© 同人音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』 , 2018 All Rights Reserved.