レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

天使と悪魔の"クロスエンカウント"『X enc’ount / Hea:v:ens≶HΣ:ll』

投稿日:

今回のアルバムのテーマは『天使と悪魔』との事。
また多くのコンポーザーが参加しており各コンポーザー毎へテーマを委ねているとの事である。

X enc’ount / Hea:v:ens≶HΣ:llについて

この様な抽象的なテーマでは成功する場合と全くテーマに沿わないアルバムに仕上がる事があるが、今アルバムは成功したと
筆者は思う。当初は各曲に対してレビューを書くつもりであったが各コンポーザーが思い描くテーマ、これからアルバムを手に取るリスナーに対して不必要なイメージを植え付けてしまう可能性があるのでアルバム全体を見渡した時のレビューを執筆しようと思う。
少々抽象的な執筆になるが詳細は各自で感じ捉えて欲しい。

まず筆者は、音楽ゲーム(音ゲー)はDJ仲間がフロアで流す程度しか聞いた事が無く近年の流れに対し不明な部分が多々ある。
その浅い知識の中、これは音ゲーが好きな方々が集まって作曲したのだな。と言う事が知識の浅い筆者でも分かった。
音ゲーを嗜んでいる方々なら余計な先入観を持たずにスムーズに聞く事が出来るだろう。

筆者の主な活動場所はクラブミュージックでありまた常に最先端を追いかけている。
その視点から聞いたところ音ゲーサウンドの良さに対して上手く最近の流行ジャンルを上手く取り入れている事が分かった。
特にDubstepの要素が入っている曲があるのだがこれが最近の流行をしっかりと捉えており素晴らしいと感じた。
偏に若い方々の柔軟な考えが音ゲーとクラブミュージックの垣根を上手く繋げていると思えた。
故にクラバーや筆者の様なクラブミュージック派において音ゲー曲はNGと毛嫌いせず今の世代そして同人音楽がどんな音楽を目指しているか、それを念頭に置いて聞いてみる事をオススメする。
いや本当に良い勉強になりますよ(笑

そして更に思ったのがオーケストラ要素が強い事。
これは近年のクラブミュージック文化では薄れており日本人独特の感性が非常に出ていると感じた。
海外の同人マニアには受けは良いと思う。

音ゲー、クラブミュージック、オーケストラこの3種を上手く交ぜわせたのが、今アルバムと思う。

と、ここまで書いて来て思ったのがこの様な大きく分け3種の味を交ぜわせたアルバムはこの同人音楽の世界に多々あるのが現状だが
最初にあげた『天使と悪魔』のテーマは各曲にしっかりと網羅されており、このテーマを中心に聞くとこのアルバムの本当の意味、本当の味の良さを理解出来るはずである。

またトラック配置においても一つの壮大なRPGをプレイしているかの様な錯覚にも陥るはずだ。まずは必ず通しで聞いて欲しい。
その後、自分の好きな曲をリピートすれば良いと思う。これを崩すと、このアルバムの良さが一気に崩れてしまう。
ラーメンで言うと当店はスープに力入れてます!と書いてあるのにスープを無視して麺から食べてしまう様な事だ。
これは絶対にやってはいけない。

再度、記述するが『音ゲー、クラブミュージック、オーケストラ』の3つの要素が好きな方は絶対に買い逃してはいけない。
お金が無いなら友人にでも借りるか消費者金融へ突っ走ってお金を用意すべきだ(笑

勿論、上記3つの内、1つでもあれば一度、視聴だけでも良いのでブースに立ち寄り、もしくは視聴サイトで聞いて貰いたい。
制作サークル、各コンポーザーの熱い思いを感じ取る事が出来るはずだ。

纏めると

音ゲー系な曲が好きなんだが、新たな世界を見たい。
音ゲーを知らないんだけど音ゲー好きが作り上げる世界を見たい。
オーケストラ、RPG系のサウンドが好きなんだが新たな世界を見たい。
これが売り手と買い手の接点と筆者は思う。

最後にリスナー向けでは無いが作曲をする方々に聞いて貰いたい箇所がある
それはMixバランスの良さである。
最初の1曲目から、これはクオリティが高いと思った。
これを1曲目に持って来るのは少々卑怯かな(笑)とも思えるレベルである。

関連リンク


X enc'ount公式:http://xencount.com

文責:Takahiro Aoki(@t4k4h1r0)

Pick up!!

12,704view

まぁ要するにただのまとめ記事です、ただネット上に情報がバラバラになっていると、それはそれで見辛いものがあるのでここらで一 ...

1,910view

著:Ark of Phantasm代表 Winna Strive(@Winna_Strive) イラスト:砂灯(@sat ...

698view

今更ですが、オフレポみたいなものです。こんにちは、主催のタチやん(@mofday)です。 第25回文学フリマ東京に、サー ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , , , , ,

Copyright© 同人音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』 , 2018 All Rights Reserved.