R3Magazine-Web レビュー 楽曲単体レビュー

不思議な世界観と甘く切ないVo.を。時計塔プロジェクト(吉岡大地ソロプロジェクト)/ ウェンディシンドローム

この記事は最終更新から3年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

結構昔から知っている、とあるサイトのユーザーさんが面白そうなプロジェクトを立ち上げていたのでレビューしたいと思います、タチやん(@Yu_dachiP)です。音楽のみならず色々な事に手を出すって素敵ですよね。

どこか壮大で切ないギターポップ

あまり動かないわりにムーディなベースの動きに、アコギのアルペジオの玲瓏さとストリングスの演出する壮大さが非常に広々とした空間を演出します。ドラムもスロウにタンタタとスタンダードな鳴りをしてゆるやかながらも時折マーチみたいなリズムを構成しています。たまにあるフィルでのストップ&ゴーや曲構成の静と動のカンジがより曲の起伏を大きい物にしていってますね。

甘いボーカルが歌い上げる独特の世界観

どこかあどけなさも残るような甘いボーカルが伸びやかに歌い上げます。アニメMVも凝っており目を奪われます。歌詞も独特の世界観とどことなく切なさを表現していて美味しいですね。吉岡氏の声がわりと高音で癒されるくらいの声質なので、それと比して切ないイメージをより強調するかのような印象を持ちました。

そういえばこのプロジェクト、楽曲だけに留まらずノベル・ゲームといった展開もしていくらしいので公式サイトの方も要チェックですよ。

時計塔プロジェクト webサイト

文責:タチやん

-R3Magazine-Web, レビュー, 楽曲単体レビュー
-, , , , ,

© 2021 R3Magazine Powered by AFFINGER5