R3Magazine-Web レビュー 楽曲単体レビュー

#曲紹介 海中とノイズ/鏡音リン #sm32976709

この記事は最終更新から2年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

世界も自分の心すらも、いつ、どうなるのかわからないものですね。こんばんは、夕立Pです。
今回はぱるふさんが投稿された楽曲『海中とノイズ』を紹介します〜。

シンセのきらめきとピアノやエレピの瑞々しさ、ところどころに入る水中を思わせるSE……それに加えて裏でうっすら鳴っている8bitな音やパッドの細やかな音に気が付きましたでしょうか?
音の配置が丁寧で、展開の緩急の付け具合は波打つ海を思わせるニクい具合になっています。
また、ゆったりしたリズムで流れていく楽曲に、鏡音リンの言葉数のちょっと多いような歌唱が映えます。

10代の若々しい葛藤・ジュブナイル的なことが語られている歌詞は「ちょっと歳くった自分にはもう書けないかな……」と羨ましくもあり、ちょっと嫉妬したりもしましたね。背伸びしたいような、ありのままでもありたいような自分という存在と、よく向き合ってないと書けないかな……っていうカンジです。

ご馳走様でした〜。

MUSIC・ILLUSTRATION・MOVIE ぱるふ

-R3Magazine-Web, レビュー, 楽曲単体レビュー
-, , , , ,

© 2021 R3Magazine Powered by AFFINGER5