レスポンシブ広告




R3Magazine-Web コラム

自分の作品を誰かの元に届けるために

更新日:

8.そういうお前はどうなのか

ここまでは王道路線について述べてきたが、そろそろ「ところで、お前は一体どんなスタイルで活動している?」という声も聞こえてくる気がしたので、簡単にお話ししておこうと思う。

なぜ曲を作る?
趣味と交友関係を充実させるため。

どんな曲を作る?
メロスピを中心に、ゲームっぽいインスト曲を色々。

何を表現したい?
ファンタジックRPGの世界観だったり、己の内面にある世界の一片だったり、急激に感情が揺さぶられた時の感覚を曲に起こしている感じだろうか。

どんな人に聞いてほしい?
誰にでも聞いてほしいけど、私のメロスピは疲れていても戦わなければならない人(自分も含む)の応援をするための「バトルソング」。真面目な学生さんとか、理不尽な会社生活を送る社会人とかだと、逃げが許されない場面ってあるでしょ?

私のCDに時々入っているヒーリング曲は、戦いが終わってホッと一息つきたい時に聞いてほしいと思って作っている。

宣伝は?
ツイッター&webラジオのみ。

ブースの設営や呼び込みは?
本項で紹介したスタイルの中だと、私が採用しているのはかなり情報提示型ブース寄りのバランス型になるだろうか。


Fig.9 かなり悪目立ちするので、時々笑われる

少々クセの強い設計なので、あまり参考にならないかもしれない。昨今の同人界隈では珍しく、事前に調べて来ていただくパターンよりも、当日その場で興味を持って作品を手に取っていただくパターンの方が遥かに多い割合である。

リリース後は何かやってるの?
一部の作品のみ、データ販売を行っている。が、基本的に宣伝活動に割ける余力がほとんど無い生活になってしまったため、私は即売会に集中することにしている。会場には必ず「全作品の在庫を持ち込む」というスタイルを貫いており、試聴時にその場で色々聞いてみて色々選べる体勢を整えている。(ただし、荷物が死ぬほど重くなるため、絶対に真似しないほうがいい。)

さてさて、色々書いている割には清々しいほどに王道路線から外れているのがバレてしまったわけなのだが、結局のところ軸が一本ブレなければ案外スタイルというのは安定するものなのである。本日に至るまでの途中経過を辿ってみると、かつては店舗委託も試した事もあり、宣伝に力を入れて公式サイトの平均閲覧数はデイリー100人を余裕で上回るという黄金時代のような時期もあったが、活動時間が限られる今となっては当時のような作曲ペースや宣伝方法はもう無理なのである。(ちなみに、現在のサイト閲覧数は平均デイリー2~3人。宣伝活動に手が回らなくなれば、こんなものだと思っている。)

9.最後に

正直に申し上げると、今回このコラムを書かせていただこうと決めた時点では、こんな文章量になるとは想定していなかった。何を書こうかは最初の時点で決めていたので、章ごとに押さえるべきポイントを押さえていっただけなのである。私自身、普段あまり深く考えずに活動している部類に入る人間だと自覚していたためである。実際に書き進める過程で、案外色々考えながら活動していたことを認識させられたのだが、活動年数によるノウハウの蓄積も案外馬鹿に出来ないものなのかもしれない。などと思ったりもするのである。

本稿に記載した話は活動スタンスによって合う・合わないの差は激しいだろうというのはもちろんの事、実践してみることによって何か状況が変わるかどうかは正直「やってみなければ何とも言えない」という言い方が精一杯になる。しかし、もしも「この部分に限れば参考になるかもしれない」とか「今までのやり方ではカバーしきれていない要素が他にもあるかもしれない」等、何か考えを巡らせるきっかけにでもなれば幸いだと考えている。

また「可能であればこういう工夫をしたい。しかし仕事や勉強が忙しすぎて十分な時間や体力を割り当てられない。」という場面は、長く同人活動を続けようと思うと避けられない課題であり、大抵はどうにもならない。その場合には狼狽えずに現状を受け入れ、出来る範囲で工夫しながら続けていくのが、楽しく活動を続けていくポイントだという事は頭の片隅に置いておくと良いのではないかと思う。そして、もしも「楽しい」より「きつい、大変」の方が上回るようなら、一度活動のスタイルを見つめ直す時間を作っても良いだろう。そして、楽しくなる目処が立った時には、何事も無かったかのように活動を再開すれば良いのだと思う。それでは皆様、楽しい同人ライフを。

【おわり】

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

Pick up!!

17,824view

まぁ要するにただのまとめ記事です、ただネット上に情報がバラバラになっていると、それはそれで見辛いものがあるのでここらで一 ...

2,915view

8.そういうお前はどうなのか ここまでは王道路線について述べてきたが、そろそろ「ところで、お前は一体どんなスタイルで活動 ...

891view

今更ですが、オフレポみたいなものです。こんにちは、主催のタチやん(@mofday)です。 第25回文学フリマ東京に、サー ...

-R3Magazine-Web, コラム
-, , , ,

おすすめ記事と広告

Copyright© 同人音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』 , 2019 All Rights Reserved.