R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

甘くポップなおしゃカワをどうぞ。『Mint kit sand / Special time』

この記事は最終更新から3年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

おしゃカワなポップバンド「Mint kit sand」の初音源となるこちらの3曲入り作品『Special time』について紹介させていただきます。
まずこちらのバンド、中の人達のうち3名がボカロPでもあり、作る楽曲もポップスからデジタルな音まで多様に渡る中、こちらのバンドでは冒頭で述べたとおりの"おしゃカワ"な仕上がりとなっています。
ボーカルさんの声質的にも、甘く瑞々しい雰囲気が、軽快さと爽やかさを演出しています。

『Special time』について

3曲とコンパクトなマキシシングルです。1曲ごと、とてもサクっと聴ける仕上がりとなっていますので、色んな場面に"差し込んで"聴くというようなこともできるイメージです。
歌詞についても「こいつらみんな心にJKがいるんじゃないだろうか」と思ってしまうくらい、女の子目線かつジュブナイルなカンジに出来上がっています。なんだこれは。作ってるのは野郎じゃないのか……!(失礼)

トラックリスト

Tr.1 - Special time
Tr.2 - 砂漠の花に水を遣る
Tr.3 - 全部、夏のせいにしてもいいですか?

各楽曲レビュー

ギターのスカっとするようなリフと歌心のあるようなベースラインに分かりやすいドラムパート、ボーカルの歌唱で語尾がしゃくり上がるのがクセになりそうなTr.1はとにかく元気さの弾けっぷりがGood。

ゆったりとしたペースで歩くようなイメージで響く楽曲のTr.2は、他の2曲と比べてすこし影のあるように思える曲調ですが、陽だまりの中にある木陰で休んでいるような、穏やかさを感じさせます。

スキップするようなリズミカルなドラムの刻みと夏の潮風を感じさせる爽やかさ・少しのじっとりさを思わせるギターの音に聴き入る。またタイトルにもなっている「全部、夏のせいにしてもいいですか?」の歌詞が耳にも胸にも刺さるTr.3で本作は〆られます。

むすび

跳ねて休んでまた跳ねる、そんなテンポでサクっと聴けて楽しめる作品であるこちら、ポップなバンドサウンドをお求めの方にはもちろんのこと、スタンダードなロック・パンクな音の方が好みの方にも「ちょっと一休み」的に聴いていただきたいものとなっています。
また、ポップスということで「大多数派の音楽リスナーには受け入れられウケの良い」というのもあるので、ライトなリスナー・およびボカロリスナーさん達にも非常にオススメしやすいです。

関連リンク
Twitter:https://twitter.com/Mintkitsand
ストラとキャスター / 【バンド】『Special Time』リリースにあたり使った機材メモ(メンバー須藤ストラのブログ)

文責:タチやん(@Yu_dachiP)

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , ,

© 2021 R3Magazine Powered by AFFINGER5