R3Magazine-Web レビュー 楽曲単体レビュー

仄かに薫る和と艶のギターロック。じゅみ feat.GUMI / メイプル

この記事は最終更新から3年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

朝3時から今までの強行軍じみた遊びで枯れ葉よりグダグダになっているタチやん(@Yu_dachiP)です、こんばんは、楽曲イラストとキャプションの紅葉狩りには季節がちと違いますが。今回は楽曲単体のレビューで、じゅみ氏のVOCALOID、GUMI曲の『メイプル』です。

哀愁漂うどこか和っぽく艶っぽいJ-ROCK

跳ねたピアノと勢いのついたギターの演奏でスタンダードなJ-ROCKなのですが、メロディーの使い方のせいか妙に和の雰囲気が薫ってきます。ベースの動きは黒子的に屋台骨を支えるヒネないウネリ具合でこれも心地よいです。楽曲の展開も2番で緩急つけたAメロと間奏や、ラストサビのフィルのリズムもおいしかったりという具合です。ドラムの方も金物の疾走感がいいですね。曲のアレンジが良いのでどれもこれもスっと耳に流れ込んできます。

力強くキャッチーなサビメロ

サビのメロディの動きとしては、前半で遊ぶように動いて後半はあまり動かない、こちらも静と動でメリハリをつけているような印象を持ちます。GUMIの朗らかで余裕のあるような歌唱が気持ち良いですね。GUMIの声はAメロで顕著な伸びる声がとても耳当たりがよく、ここからリスナーを惹きつけてくると思います。

楽器隊の構成としても、曲の展開としてもとてもわかりやすい感じですし、そのくせ各パートのアレンジが飽きないので万人にオススメできる楽曲です。

じゅみマイリスト

文責:タチやん

-R3Magazine-Web, レビュー, 楽曲単体レビュー
-, , , , , , ,

© 2021 R3Magazine Powered by AFFINGER5