レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

推しへの情熱の注ぎ方、その形。鏡音レンコンピ『Lotus』

投稿日:

「鏡音レンのコンピを作りたい!」
そんな主催のイラストレーターの方が、その想いを全力で実現した、熱意溢れる作品です。当初はデジタル頒布のみでしたが、後にクラウドファンディングなど周囲の協力もあり、無事にCD媒体でもリリースできました。

Lotusについて

とにかく終始貫徹、鏡音レンのショ・・少年ボイスを堪能できる楽曲群で、ポップでもあるのでライトリスナーの方にも聴きやすい……のですが、ねちっこく「レンくんレンくんレンくん」と聴く分にも良い塩梅に仕上がっています。
ジャケット担当は主催でもあるきいち氏、物理での盤面デザイン担当はあめの氏が担当しています。

Lotus-鏡音レンオンリーコンピレーション-

トラックリスト

1.Euphorie imprévisible - 御所難P
2.デンノウサイキッカー - 水瀬れいん
3.僕は此処に居るよ - ナナツナツ
4.キバナハス - かずP
5.シーサイド(retake) - ナナツナツ
6.誰かが必要としてる誰にも届かない歌(retake) - 御所難P

各楽曲の一言レビュー

捻ったコード進行がまったく嫌味なく清涼剤となり、ドラムのパターンだけでも引き出しが多く緊張感あふれる展開を聴かせてくれる、ポップロックなTr.1。
サイバネティクスなシンセサイザーの使い方にピアノのタイトなバッキングやエレキギターの絡み方がシビれる、電子サウンドのTr.2。
Tr.1と路線は近くも、ギターの響かせ方にどこか哀愁と希望の背反しそうな2つが共存しているかのようにも思えるTr.3。
ピアノの凛とした鳴りと、ゆったりとしたドラムトラックに加えて、しっとりしたストリングスが互いに引き立てて心地よく耳に染み渡るバラードのTr.4。
アコギとピアノとドラムのそれぞれカラッとした音が、どこか耳だけでなく鼻まで通り抜けていく錯覚にも陥る、カントリーなTr.5。
わかりやすく活発な楽器隊の、特にエレキギターを支えるベースが結構面白い動き方をしている中、ボーカルの場面ごとのギャップに「やられた!」となってしまったロックバラードなTr.6。

Lotus、作品全体について所感

前述したとおり、ライトリスナーとレン廃に馴染みやすい作品です。ただTr.1は聴きやすさと裏腹に、複雑なかつ各楽器隊の引き出しの多さにびっくりさせられました……
作品の緩急をつけるのにも一枚噛んでいる、テンションの高い水瀬れいん氏のTr.2と、ぐっと落ち着いたかずP氏のTr.4の仕事人っぽさも光る。またナナツナツ氏のカントリー曲については、このカラッとした質感を表現しきったところが特に素晴らしい。

歌詞についても「デンノウサイキッカー」で挑発してくるような感じと、「僕は此処に居るよ」の呼びかける言葉と、タイトルにもなっているリリックのリフレインが印象的。「誰かが必要としてる誰にも届かない歌」の切なくも意志に溢れた歌詞も味わい深いですね。

ボーカルは「レンくんの少年ボイスをどう活かすか?」を各位がベクトルこそ違えど全力で表現したのがわかります。ボイスバンクのチョイスはもちろん、曲中での役割、歌詞に対して音楽的にもマッチした調声など、こだわりが聴こえてきます。
そして曲順が「もうこれ以外考えられない」ようなピッタリな構成で、この1枚を延々ループしていてもずっと心地よく視聴できますね。

まとめ

主催の方が「好き!」という曲を書く方を集めて作られたという背景がありますが、そのためか各人の書いてきた曲はポップス寄りな、キャッチーで万人に聴きやすいものに仕上がっています(いや、普段から参加者の皆様は、御所難Pの実験的・現代音楽な作品を除けばそういう傾向にありますが)。
この1枚、レンくんファンは必聴。ボカロリスナー的にもおススメです。

Lotus-鏡音レンオンリーコンピレーション-
主催:きいち
参加アーティスト:かずP、御所難P、ナナツナツ、水瀬れいん、あめの(盤面デザイン)

文責:タチやん(@mofday)

Pick up!!

16,720view

まぁ要するにただのまとめ記事です、ただネット上に情報がバラバラになっていると、それはそれで見辛いものがあるのでここらで一 ...

2,522view

著:Ark of Phantasm代表 Winna Strive(@Winna_Strive) イラスト:砂灯(@sat ...

801view

今更ですが、オフレポみたいなものです。こんにちは、主催のタチやん(@mofday)です。 第25回文学フリマ東京に、サー ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , , , , , ,

おすすめ記事と広告

Copyright© 同人音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』 , 2019 All Rights Reserved.