レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

耳にじっとりと響く現代ファンタジー。iaitokyo / Float/Feather

投稿日:

奇妙な被り物をした人々が暮らす平行世界のtokyoを描き続けているサークル『iaitokyo』のシングル作品『Float/Feather』をご紹介します。
こちらのサークルさんはよく「スチームパンク調の世界観を創っている」と評されていますが、本質的にはスチパン調のテイストは飾りの一部に過ぎず、これまでの作品のMVやブックレットを見ている方は、根幹から歪で奇妙な世界観であるのを知っているかと思います。初めての方はそういうものなのかと思って構えておいてください。

全体的に物静かで落ち着いた雰囲気に仕上がった本作

これまでの作品はどこかガチャガチャとした街の情景が浮かぶような曲が多かったのですが、本作はパーカス隊の鳴り方もぐっと落ち着いており、独特の煙たかった雰囲気も仄かに薫ってくる程度になっています。より幻想的な雰囲気を出すようになり、ボーカルの響かせ方などで顕著になっているかと思います。用いられている楽器はエレキギターであったりエレピであったり、わりとエレクトリックなのですが、その電気的なカンジが全く別の空気に変換されているようにも聴こえてきます。

トラックリスト

Tr.1 Float
Tr.2 Feather

各楽曲レビュー

物静かなピアノとゆったりとしたボーカルの響き、ギターとエレピの陶酔的な鳴りに、(前作までの特徴だった)煙たさを演出するリズム隊がどっしりと構えて重厚なファンタジー空間を奏でるTr.1。
凛と歌うボーカル・ピアノとエピックなリズムトラック、気怠げなベース、リバースされて差し込まれるSEときらびやかなベルシンセが現代的なサウンドでありながらファンタジックな曲調に仕上げているTr.2。

深く染みわたる現代的ファンタジーのサウンドに酔いしれよう

本作の楽しみ方は、ひたすら目を瞑って聴き入る。これに尽きると思います。できれば何も考えることなく、音に身を委ねるように。世界観の歪さを知っていても、なお癒やされてしまう不思議な感覚に浸ることができるでしょう。現代的な音をメインに用いても、そして聴き入りやすいサウンドに仕立て上げていても尚、独自的なファンタジーさは失うことはないのがiaitokyoの世界です。これまでリリースした楽曲数は多くはないですが、逆に言えば今から追いかけてもすぐに追いつけるメリットもあります。ぜひ最初のリリース作品から聴いてほしいサークルさんです。

関連リンク

iaitokyo Webサイト:http://www.iaitokyo.com/
特設サイト:http://iaitokyo.com/pdgm/04tp/index.html
通販ページ(BOOTH):https://iaitokyo.booth.pm/items/673719

文責:タチやん(@mofday)

Pick up!!

10,168view

まぁ要するにただのまとめ記事です、ただネット上に情報がバラバラになっていると、それはそれで見辛いものがあるのでここらで一 ...

1,549view

著:Ark of Phantasm代表 Winna Strive(@Winna_Strive) イラスト:砂灯(@sat ...

615view

今更ですが、オフレポみたいなものです。こんにちは、主催のタチやん(@mofday)です。 第25回文学フリマ東京に、サー ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , , , , ,

Copyright© 同人音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』 , 2018 All Rights Reserved.