R3Magazine-Web レビュー 楽曲単体レビュー

爽やかでストレートなギターロックの叫び。のーねーむ feat.Unity-chan! / ハローマイワールド

この記事は最終更新から3年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

今回取り上げる曲の歌詞から自身が果たせなかったジュブナイル的な青春を思わせてどこかつらいタチやん(@Yu_dachiP)です。ジャズからバラードからポップスからテクノまで幅広く手掛けるのーねーむ氏のUnity-chan!を起用した楽曲『ハローマイワールド』をレビューします。

とても耳馴染んだ感じのピアノロック

ピアノの爽快感、ギターの快活感、ドラムの疾走感、ベースの力強さ、どれもとってもスタンダードなピアノロックでこういう曲調は殆どの人の耳に馴染んでいるものだと思います。それが単なる楽器構成だけでなくメロディーだのコード進行だのでもしっかりそういった基盤を作っているので、決して安直なものではありません。間奏のギターソロとドラムのフィルもキマっていて聴いていて「やったぜ。」という感じになりますね。

ハキハキとした声で歌詞を伝えてくるUnity-chan!

前述したとおり、歌詞からは悩みも衝動も若さ溢れる青春を匂わせるジュブナイル的なものとなっております。Unity-chan!のパッキリとしている歌唱がこういう激し目の曲にマッチングしており、万人に受け入れられるような心地よさを持ってぶつかってきます。特にラストサビでの絶唱の後の大人しめな歌唱は前パートの部分と相まって互いに印象付けるようなことになっています。いい仕事してますよ。

のーねーむマイリスト

文責:タチやん

-R3Magazine-Web, レビュー, 楽曲単体レビュー
-, , , , , , ,

© 2021 R3Magazine Powered by AFFINGER5