レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

幸せ成分フル加速!『Takahiro Aoki / Happy POP Hardcore Future 1st』

投稿日:

◆R3Magazine レビュー◆

1度目に聞いて恋に落ち2度目に聞いて感服し3度目に聞いて忘れられなくなる

MUZZicianz Records Takahiro Aoki 氏より『Happy POP Hardcore Future 1st』

Track List

1.Empty (J-Forces Future Bass Edit) / Future Bass
2.Make Love (J-Forces Drum'n Bass Edit) / Drum'n Bass
3.Lean on me (J-Forces Hardcore Edit) / Happy Hardcore
4.Post Stoic (Vanity Psy Hardcore Edit) / Psychedelic Hardcore
5.Space To Space (J-Dorces Hybrid Hardcore Edit) / Drum'n Bass
6.ありあす、その気にさせるSTYLE!! (Excellent ARISA Edit) / Hard Dance
7.Back to Real (J-Forces Hybrid Hardcore Edit) / Hybrid Hardcore
8.Like A Fire (Spr+out Remix) / Hardcore
9.Mantra Rave (Vanity Psycore Edit) / Psychedelic Hardcore
10.Devotion (J-Forces Hardcore Edit) / Hardcore
11.Break it (J-Forces Future Bass Edit) / Future Bass
12.Approach Your Eyez (J-Forces Future Bass Edit) / Future Bass
13.Secret Bonus Tracks

各楽曲レビュー

01.Empty (J-Forces Future Bass Edit)
最初の曲目からこんなにも美しい音色を聴かせるなんて、タイトルにも記されているように心がEmpty(空っぽ)になってしまった。それくらい何も考える事が出来ずに曲を聞き入ってしまう。アルバムの期待値を一気に上げてくれた素晴らしい幕開けに相応しい曲である。

02.Make Love (J-Forces Drum'n Bass Edit)
ハードコアというジャンルを想像した時にイメージするのが、Make Loveのような音使いなのでは無いだろうか。ハードコアが好きな人にとっては「待ってました!」と思わず言ってしまい、ハードコアの世界にこれから足を踏み入れる人は「ハードコアって凄い!」と一瞬でハマってしまいそうな曲となっている。

03.Lean on me (J-Forces Hardcore Edit)
この辺りからハードコアにどっぷりと浸かれる流れになっており、ハードコアファンにとって歓喜と言わんばかりの内容になっている。始まりから終りまでハードコア要素満載な曲に悶絶するファンの姿が目に浮かぶような1曲である。

06.ありあす、その気にさせるSTYLE!! (Excellent ARISA Edit)
アルバムも中盤に差し掛かり、そろそろ終りに向けた曲目が出てくるのかと思う頃に「まだまだ曲目は終わらない、覚悟しておけと」4つ打ちと共に攻めてくるようなスタイルに、作曲者の熱意が伝わってくる。是非ともリスナーの方々には覚悟して聴いて頂きたい。

08.Like A Fire (Spr+out Remix)
数少ないインストルメントであるが、だからと言って歌入りに負けてしまうような事は決してない。心が燃え上がるように熱くなれる Like A Fireを心ゆくままに堪能して欲しい。

09.Mantra Rave (Vanity Psycore Edit)
ハードコアとサイケデリックを混ぜ合わせたこの楽曲は、神秘的な威力を持つMantra(呪文)のようである。ここからハードコアファンがサイケデリックの魅力に取り”憑”かれてしまうのも然り、サイケデリックファンがハードコアの魅力に取り”憑”かれるのも然りなのではないだろうか。

12.Approach Your Eyez (J-Forces Future Bass Edit)
1度曲を開始させると知らない間に吸い込まれてしまう。北京語と英語の2つの言語が絶妙に混ざりあったFuture Bassである。アップテンポなリズムに女性ボーカルの優しい歌声がとてもよくマッチしている。

13.Secret Bonus Tracks
ラストを飾る13曲目で一体どんな曲が流れるのか、申し訳ないがここでお伝えする事は出来ない。ただし、そんな事を言ってしまってはレビューの意味が無くなってしまうので少しコメントを。前の12曲が有ったのにも関わらず、ここからがスタートだと感じられるような力強いサウンドに何度でも恋に落ちたい。

むすび

今回はアルバム曲、13作品をいくつかに絞りレビューをさせて頂く運びとなりました。
改めてこのような機会を提供して頂いたタチやん氏とTakahiro Aoki氏に感謝と敬意を示しつつ、レビューをしめられてば幸いです。

関連リンク

特設ページ:http://muzz.web.fc2.com/future1st.html
MUZZicianz Records Webサイト:http://muzz.web.fc2.com
MUZZicianz Records blog:http://muzzicianz.blog.fc2.com

written by A (@msfrzM_M)

Pick up!!

8,131view

まぁ要するにただのまとめ記事です、ただネット上に情報がバラバラになっていると、それはそれで見辛いものがあるのでここらで一 ...

1,348view

著:Ark of Phantasm代表 Winna Strive(@Winna_Strive) イラスト:砂灯(@sat ...

580view

今更ですが、オフレポみたいなものです。こんにちは、主催のタチやん(@mofday)です。 第25回文学フリマ東京に、サー ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , ,

Copyright© 同人音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』 , 2018 All Rights Reserved.