レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

幸せ成分フル加速で未来に向かって突っ走れ!『Happy POP Hardcore Future 2nd / Takahiro Aoki』

更新日:

本作はMUZZicianz Records看板タイトル『Happy POP Hardcore』の、未来感と多幸感にあふれる"Future"シリーズの2ndアルバムとなります。
MUZZicianz Recordsがリリースしている他のシリーズより、ソリッドとホロウのバランス具合がよりホロウな質感になり、浮遊感で満ち足りたサウンドの波を、サーファーが突き刺すかのように進んでいくのが快感になるアルバムです。

トラックリスト

1.Red Threads (J-Forces Future Bass Edit) / Future Bass
2.Never Hit The Ground (J-Forces Hybrid Hardcore Edit) / Bassline Hardcore
3.Angel x Angel (Vanity Future Bass Edit) / Future Bass
4.Don't Give Up (J-Forces Fullflavor Edit) / Fullflavor
5.uma vs Takahiro Aoki - Dare Devil / Drum'n Bass
6.Ethnic Queen (Vanity Psycore Edit) / Psycore
7.Side by Side (Vanity Fullflavor Edit) / Fullflavor
8.Love Never Removed (J-Forces Drum'n Bass Edit) / Drum'n Bass
9.Crystal Clear Sky (Vniaty Future Bass Edit) / Future Bass
10.Tigershark (Vanity Fullflavor Edit) / Fullflavor
11.mayHo (J-Forces Hardcore Edit) / Hardcore
12.Hope!! (Vanty Fullflavor Edit) / Fullflavor
Bonus01.Angel x Angel / dynamix Edit
Bonus02.Crystal Clear Sky / dynamix Edit

楽曲ピックアップ解説

1曲目の「Red Threads」からその質感については明らかに違うのがわかるでしょう。きらびやかなピアノからブーンと響くベースまで、どこかかわいさや幸せ成分を感じられる穏やかな曲調……からの、中盤からいつものハッピーハードコアなソリッドな成分をフル加速!このギャップ感がたまりません。

3曲目の「Angel ☓ Angel」はスマートフォン向け音楽ゲーム『DINAMIX』のものとは違うアレンジを施されています。イントロから本編へのなだれ込み具合に早速カタルシスを感じられる構成となっています。

そして5曲目、uma氏との合作となる?楽曲「Dare Devil」はイントロからじわじわとリスナーを煽り、クラブであれば場を煽り、ドロップ部というのでしょうか、シンプルながら全力で暴力的なベース音☓かわいらしいベルシンセのリフの二重構成で襲ってきます。まさにデアデビル……向こう見ずに聴き手を煽り、襲うこの曲に相応しいタイトルに思えます。

6曲目の「Ethnic Queen」では怪しげなサウンドですがテンポも少しクールダウンして、若干ラリったかのような空気になります。

8曲目「Love Never Removed」ではドラムンベースエディットとありますが、前半は割合おとなしめのリズム展開、サビ部で一気にドラムンベースのあのリズム感がやってきます。休息部との入れ替わりが激しめな感じです。

10曲目「Tigershark」はT.Aoki氏のもうひとつの顔であるVanity名義の、ひたすら重厚なサウンドが展開されます。例えて言うなら4トントラックが暴走しながらこっちに向かってやってくるようなサウンド。Vanity名義のアルバムと違い、こちらはスピード感に満ちた楽曲テイストなので手がつけられません。

しかし12曲目の「Hope!!」もVanity名義のエディット曲なのですが、こちらは本作の未来感にグッと沿った、冒頭部で書いたような「ソリッドとホロウ」のバランスが絶妙なテイストの楽曲に仕上がっています。鳴らされる音のすべてが"未来に向かって走っていく"ような鳴りをしています。これはアガる。

まとめ

時に(サウンド面で)暴力的な面も見せながらも、圧倒的に多幸感に満ちた作品に仕上がったクラブサウンドとなっています。いわゆるハコ鳴りを聴きたいヤツです。Takahiro Aoki氏は自身でもクラブイベントを主催したり、DJとしてゲストもしていたりするので機会を見つけたら是非そちらでもこの幸せフル加速サウンドを体感してほしいです。

関連リンク

Webページ:http://muzz.web.fc2.com/future2nd.html

クレジット

All Song,Mastering and Produce by Takahiro Aoki
Illustrated by ぶぶ

文責:タチやん

Pick up!!

13,360view

まぁ要するにただのまとめ記事です、ただネット上に情報がバラバラになっていると、それはそれで見辛いものがあるのでここらで一 ...

2,083view

著:Ark of Phantasm代表 Winna Strive(@Winna_Strive) イラスト:砂灯(@sat ...

717view

今更ですが、オフレポみたいなものです。こんにちは、主催のタチやん(@mofday)です。 第25回文学フリマ東京に、サー ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , ,

Copyright© 同人音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』 , 2018 All Rights Reserved.