R3Magazine-Web コラム

音楽ツール(DAWやプラグイン)、技術ばかりに振り回されないためのメンタリズム

この記事は最終更新から2年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

この記事を読もうとしているあなたは曲作りをされる方でしょうか。
もしそうであれば少しばかりお相手をしてください。創作される方も是非。
創作全般においても何かの手掛かりになればと。

音楽ツール(DAWやプラグイン)、技術ばかりに振り回されないためのメンタリズムとは?

曲作りにおいて、DAWやプラグインは非常に便利な存在です。
基本的にソフトウェアなので、ハードウェアであり得る音の劣化等はほぼ無いでしょう。
また、何台も同時にシンセサイザーを起動しコントロールすることが出来ます。
さらには、気軽にプロ並の音を安価で入手することが可能でもあります。
昨今、このDAWやプラグインなどのソフトウェアはメジャーな存在となり、
ハードウェアシンセサイザーを何台も並べて曲作りをする機会は減りました。
勿論中にはハードウェアにこだわり続ける人もいます。それはまた別の機会に。

安易にセールに飛びつくな。

本当にそれ使いますか?必要ですか?体験版を試しましたか?
よくできた動画やデモソング、これらに騙されてはいけません。
自分で実際に触れてみてから判断した方が確実です。意外とワナですよ。
安いからといって使わなければ何の意味もありません。無駄遣いです。
セット物とかよくありますよね。あれも安いですが本当に必要ですか?
買ったは良いが、実際使うのは1,2個だけとかよくある話です。
体験版があるならまずは試すのが鉄則です。見た目に騙されてもいけません。

多すぎるプラグインは曲作りの完成を遠くする。

あなたの目的はなんですか?プラグイン収集なら結構。そのまま続けてください。
目的は曲作りではないのですか?何なら使っていないプラグインはアンインストールしましょう。
シンプルに整理するのも、制作環境を整える事に繋がります。
DAW付属のプラグインも割と使えたりするものですよ。一度見直してみてはいかがでしょうか?
是非、目的にあった環境を整えていきましょう。

技術の追求をしすぎていないか。

先に言います。技術は無駄ではありません。むしろ必要なものです。
これまたあなたが曲作りではなく、技術を磨くのが楽しいのであればそのまま続けてください。
しかしそればかりを追求してしまうと、手段と目的が入れ変わってしまいます。
この場合の技術は目的ではありません。手段として使うのが良いと思います。
技術を手段として使い、目的である曲作りに繋げられれば良いのです。
そのバランスをいかにとれるかがキーとなるでしょう。

人との交流を図る。

これは自分には無い考えや価値観を知るいい機会になります。
特に、クリエイター同士の交流は何気ない会話でも刺激になりやすいです。
曲作りのためにも色んな刺激を得ましょう。そして曲作りに反映させていくのです。
これもバランスをとるための良い機会になっていきます。交流は非常に大事だと思います。

最後に。

何事もバランスです。尖った個性を出すにしても絶妙なバランスの上で成り立っているものです。
自分なりのバランスを取りつつ、最適化を行い、勉強しつつ、刺激を得ながら曲作りをする。
トライアンドエラーを行うことで様々な化学反応も起きます。思いがけない発見もあるでしょう。
この記事が一つの手がかりになればと思います。

ではまた。

文責:Xinon(@Xinon_music)
Web:https://xinonmusic.com/

-R3Magazine-Web, コラム
-, , ,

© 2021 R3Magazine Powered by AFFINGER5