R3Magazine-Web レビュー 楽曲単体レビュー

#曲紹介 籠の鳥/初音ミク・鏡音リン・猫村いろは #sm33019960

この記事は最終更新から2年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

あなたのそんな羽根は要りますか?こんにちは、夕立P(@Yu_dachiP)です。
今回は揚げ餅Pさんが投稿された楽曲『籠の鳥』を紹介します。
なおこちらの作品は、コンピレーションアルバム「病み/闇」に収録された曲の動画バージョンになります。
「病み/闇」コンピについての情報はこちら。

まず耳につくのは和楽器の美しくも不穏で物悲しい響き。そしてひたすら救いのない曲展開。ベースラインのうねり方もその空気感に一役買っています。和のテイストを推していくスタイルで、一言で申すと演歌……とまでいかなくてもかなり古めの歌謡曲を思わせました。

音ミク・鏡音リン・猫村いろはの3名による歌唱はしっとりと、しっかりと。輪郭はブレさせないまま、奥行きを感じさせるような音像です。こちらの歌唱(しゃくり方とかのクセ)もどこか歌謡曲を想起させましたね。

歌詞のほうも、寵愛の中にいるのではあるんでしょうけれど……どこまでも救いのないような展開をしていきます。解釈次第では、どこかに救いがあったのかもしれませんが、その寵愛を抜け出たとしてもきっと獣に喰われてしまうことでしょう……と想像しました。

ご馳走様でした〜。

作詞曲 このもちさくや(揚げ餅P)
MIX・マスタリング 文月フミト
イラスト  切身魚/Kirimisakana
動画 ぱるふ(おとしものP)

-R3Magazine-Web, レビュー, 楽曲単体レビュー
-, , , , , , , , ,

© 2021 R3Magazine Powered by AFFINGER5