レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

癒やしのケルト系民族音楽。清水嶺 / A new sunrise

更新日:

オリジナルアルバムも15作目となる清水 嶺氏(Unknown - Dimension)の2017年M3秋の新作のひとつ『A new sunrise』をレビューしていきたいと思います。こちらのサークルさん、このM3で12作品のコンピに参加しつつ、このミニアルバムともう1作オリジナルアルバムをリリースしている、化け物級の制作速度を誇ります。

最近はハンドパンと称される楽器群の演奏動画や、ハッシュタグ『#貰ったお題で簡単にピアノ弾くし貰わなくてもピアノ弾く』での演奏が時折上がっているので、そちらで目にしたことがある方がいるかもしれません。
ハンドパンの演奏動画から寄せ鍋が始まるまで - Togetter



ちなみにサークル作品集の通し番号が15作品目なのに本作が16となっているのは、お伊勢さんBGM集がカウントされているからでしょうね(お伊勢さんBGM集は三重テレビ放送特別番組「お伊勢さん」の楽曲です)。

「A new sunrise」について

「ケルト系楽器をメインに用いた、民族音楽を集めたミニアルバム作品となっています。
表題曲「A new sunrise」を含む、コンピレーション参加曲など過去作よりアルバム未収録楽曲と書き下ろし作品をまとめた全7曲のミニアルバム。」とありますが、7曲中5曲が何らかの形で既に公開されている曲で書き下ろし楽曲は2作となっています。しかし過去曲は全曲アルバムリメイク版。過去作すべてをチェックするのはできませんでしたが、締切コンピ(イベント開催1週間前頃にレギュレーションが発表される、デスマ案件)系に出していた作品2曲などはかなりブラッシュアップをかけたのでは?と予測されます。

トラックリスト

Tr.1 A new sunrise
Tr.2 Hadrianus
Tr.3 Blackbard
Tr.4 White wall
Tr.5 Climb the red mountain
Tr.6 Vidohunir
Tr.7 Ogma

各楽曲レビュー

迫力のあるパーカスと裏腹に、のどかで牧歌的なメロディーが心ほぐしてくれるTr.1。
緊張感高まるストリングスのメロディーに、玲瓏たる弦を弾く鳴りと煙たさを撒き散らすパーカスが特徴的なTr.2。
電気的な風味に汚されたエピック系パーカスと、ひたすらジャカジャカかき鳴らされるギターが哀愁漂う笛の音を引き立てるTr.3。
Tr.4はケルト系音楽の土着的かつ神秘的な雰囲気が最も強くありつつも、どこかゲームミュージックのような取っ付きやすさもあります。
旅愁思わせるギター×笛の激しい動きの裏でどっしりと構えたベース・リズム隊が力強さを感じさせるTr.5。
ゆったりとしたテンポの中で細やかに動くケルト系楽器隊のメロなのに、どこか落ち着いた雰囲気を醸し出すTr.6。
Tr.7ではアイリッシュな鳴りの楽器隊が入れ替わり立ち替わりどんちゃかと、しかしどこか知的さを感じさせるフレーズで飛び出しまくります。

終始ケルト系楽器が飛び交う、どっしりと落ち着いた作品

ひたすらケルト系民族音楽で通している作品で、1方向を向いてじっくり堪能するのもよし、BGMでかけ流すのもよし、派手すぎない作品となっています。その中で最も低音部の主張が強いカンジのTr.3がお気に入り。こうした音楽で癒されるように感じる方も多いのではないでしょうか。BGMとして聴く場合、テンションを上げたいというよりは、ある程度落ち着いて物事に集中したい時にちょうどいいかもしれません。

関連リンク

特設ページ:http://unknown-dimension.com/cd/udor-016.html
A new sunrise通販ページ(BOOTH、ダウンロード販売):https://u-dimension.booth.pm/items/685296
Unknown - Dimension 通販ページ(BOOTH):https://u-dimension.booth.pm/
ジャケットイラストレーション / mocha(Fine suger):http://mocha708.wixsite.com/mocha708

文責:タチやん(@mofday)

Pick up!!

4,107view

まぁ要するにただのまとめ記事です、ただネット上に情報がバラバラになっていると、それはそれで見辛いものがあるのでここらで一 ...

540view

著:Ark of Phantasm代表 Winna Strive(@Winna_Strive) イラスト:砂灯(@sat ...

470view

今更ですが、オフレポみたいなものです。こんにちは、主催のタチやん(@mofday)です。 第25回文学フリマ東京に、サー ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , , ,

Copyright© 同人音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』 , 2018 All Rights Reserved.