レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー レビュー

クセの少ないボカロ曲揃い踏み。ゆかりスト!!制作委員会 / ゆかりスト!!-Vol.2-

更新日:

結月ゆかりのいちマスターとしてもファンとしても、おいしい作品でした。
今回ご紹介しますのは、VOCALOID音源『結月ゆかり』をフューチャーしたコンピレーションアルバム『ゆかりスト!!-Vol.2-』です。

ゆかりスト!!-Vol.2-について

前述の通り、結月ゆかりのボーカルを主軸としたコンピレーションアルバムです。ボーカルはそれ以外は起用されておりません(コンピのレギュレーションでもそう示されていました)。
まぁ当然、歌モノが打ち出されてくるわけですが(ここでミュージック・コンクレートとまでいかなくてもポエトリーリーディングラップとか出してくる人は出てこないかな)とかひねくれた考えの人はおらず、素直にVOCALOID文化に馴染みの深い歌モノが揃い踏みしました。

結月ゆかりの声質がわりと芯の通った、特に低音域だと少しアダルティな面も覗かせたりする音源なのですが、思ったよりロリっぽい声も飛び出してきたりと、そういう面でも面白いです。

トラックリスト

Tr.1 - この夜は明けないこと / アヤサキミドリ
Tr.2 - Raspberry Heart / NIA
Tr.3 - アフターレイン / 吉川吉子
Tr.4 - 私、怪物 / ギャル子P
Tr.5 - 素直になれたら / ナチュラルP
Tr.6 - 永遠の鐘 / みぜらP
Tr.7 - 最大多数の不幸なセカイ / 屍P
Tr.8 - Lightning voltex / 夕立P
Tr.9 - 闇落ち的な / 安治紗来
Tr.10 - Rabbit Girl / 優雨P
Tr.11 - 絶望Senses / meganee/ドットjP

各曲レビュー

曲中の進行・展開の仕方がオシャレに纏まっている軽妙なポップロックのTr.1。
より軽やかな音使いと跳ね回るベースラインがかわいらしくぶつかりあうTr.2。
玲瓏なピアノとブリブリと強気なベース・ふわっふわのシンセのメロディがエレクトロなボーカルとマッチするTr.3。
ギターを用いないながらも、下敷きにしているのはロック調な、アンセミックなシンセをまぶしたTr.4。
爽やかな曲調のポップスが、ブラスシンセやスラップの効いたベースと共に流れていくTr.5。
少しダークでどこかゴシック・そこに和の雰囲気も纏ったギターロックのTr.6。
ヘヴィなギターリフとシンセのプラックが静と動の展開を見せつけてくるHM寄りなTr.7。
アンセミックかつスロウなEDMな、ブロステップのオーラを漂わせているTr.8。
攻撃的なワブルベースが飛び交う高速でダンサンブルなEDMチューンをナチュラルなボーカルが駆け抜けるギャップ感がおいしいTr.9。
未来的なテクノポップに少しロボっとしたボーカルの混ざり具合がグッドなTr.10。
思いっきりダーク路線でどこかシネマティックなピアノと怪しげなシンセが図太く走るリズムトラックとが少女的な雰囲気をまとったボーカルを引き立てるTr.11。

総評

収録されている楽曲はだいたいロック・ポップ・EDMのどれかに分類されます。
前述の通り、VOCALOID文化に非常に馴染み深い、クセの少ない楽曲が揃っていますので、いわゆるボカロリスナーにはホイっとオススメすることができます。
結月ゆかりをVOICEROIDでしか知らない方にも「こういうゆかりさんのアイドル性もあるんだよ」と勧めたいところです。
Tr.3のポップさ・浮遊感がありつつも芯の通ったオケと、Tr.11のシネマティックかつタイトな緊張感がお気に入り。
今のところ通販をしていないのがもったいないところです。

関連リンク

Webサイト http://blog.livedoor.jp/yuu_p_0808-yukari02/

文責:タチやん(@mofday)

Pick up!!

300view

とても贅沢な空間でくつろげました。こんにちは、タチやん(@mofday)です。先日、池袋にあります自主制作音楽CDの委託 ...

65view

みんなのUTAU2014で頒布された、マッハ人生氏のアルバム『廃盤』です。僕はみんなのUTAUには出向けなかったので、B ...

50view

暑くなったり寒くなったりですっかり温度差にやられていますタチやん(@mofday)ですこんにちは。今回はデータベースを吹 ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー, レビュー
-, , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.