R3Magazine-Web 楽曲単体レビュー

【レビュー】柔らかい歌唱がただ突き刺さる。雪×rakurui×ちゃの feat.IA / 空晶の冬庭に咲く【同人音楽】

投稿日:2016年9月24日 更新日:

こんにちは、タチやん(@mofday)です。少しずつ寒くなってきましたね。このままこの曲の雰囲気が似合うような時期になっていくんでしょうね。この曲ってなんやねん、ということで今回は3人でのコラボ曲でボーカルにはIAを起用した楽曲『空晶の冬庭に咲く』をレビューします。

透明感のある、壮大で美しいピアノバラード

この曲の特徴はストリングスを多用した壮大さを醸し出しながらも、ベースとしてはピアノバラードであることです。時折キャプションにも書いてあるような「とある童話の1ページ」を思い起こさせるファンタジックな音使いも垣間見えます。ただひたすら、透明感のあるオケですね。冬の乾いた空気にも似た感覚を思い起こさせます。
人によっては「しっとり」という印象だと思いますが、僕は何故か真逆に「音一つひとつはドライかもしれない」という感覚を抱きました。それらの絡み合い方、メロディとしての組み立てられ方で最終的にしっとりというところに落ち着くという印象ですね。

柔らかいIAの歌唱がそのまま耳に突き刺さる

題字の通りですが、IAの調声は非常にやわらかく、かなりの高音域を歌わせていながらも耳あたりのよいものになっています。ところがその耳あたりの良さを残しつつも、鼓膜に刺さるような感覚を持って入ってきます。この聴覚は結構不思議なカンジなので、是非聴いて体験してもらいたいです。

ちゃのマイリスト
雪マイリスト
rakuruiマイリスト

文責:タチやん

-R3Magazine-Web, 楽曲単体レビュー
-, , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.