レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アーティストレビュー

【レビュー】「自分勝手(そして人の好意をあてにする気持ち)は伸びてはいけなかった」【同人音楽】

投稿日:2016年8月5日 更新日:

この曲は伸びてはいけない、評価されてはいけない。薄塩指数氏の「自分勝手(または人の好意をあてにする気持ち)」を聞いた時に私はそう感じた。

公開からほぼ3か月の時点でおよそ再生回数9000回、結果として氏の発表楽曲としてはそこまで多い数字を出すことはなく、少し安心した。だがこの曲は、歌詞の内容やメロディのキャッチーさ、そして軽やかなポップさ、何をとっても彼らしい楽曲で、薄塩指数の真髄に迫るものだ。

薄塩指数というUTAU-Pについて「ギャザやってる(※1)」「すごいデブ」以上の情報を持たない方に、ここで簡単に紹介しよう。

薄塩指数は2012年7月22日に「【重音テト】センチメンタル・クズ【オリジナル】」をニコニコ動画に初投稿し、それ以降かなり早いペースで楽曲を発表している。パンク、メロコア出身を自称し、発表している楽曲もそのテイストのものが多い。
キャッチーなメロディとそれに乗る飾らない正直すぎる歌詞が特徴的であり、多くの共感を呼んでいる。「ヤンキーとぼく ~人格形成ニ難アリ~」や「【重音テト】そんな気持ちぐらいは誰にでもあるって言われてもみんなニk」(※2)など、氏の捻くれた性格や心の内を吐露したような歌詞は同様に捻くれたリスナーの心に深く刺さることだろう。
かく言う私も深く刺さってしまった一人だ。他人に対する不平不満をところかまわずぶちまけるような、それでいて躓いておどける滑稽な自虐のような氏の歌詞を聴いて、まるで自分の気持ちを代弁されたかのような錯覚に陥った人も多いはずだ。

一方でメロディの美しさにも並々ならぬこだわりを持っており、唄音ウタを用いた「Stars / 歌音ウタ」などではその美しいメロディと、それを引き立てる広がりのある壮大な演奏が見事だ。
パンク、メロコア出身を自称しているが、その作風は広くブルージーなロックンロールやバラードまで様々なジャンルに挑戦している。非常に貪欲に、自分の新しい音楽を探っている。

そんな挑戦の一端が見られる楽曲の一つに「イストリダンス / 重音テト」がある。

歌詞やメロディに対するこだわりはそのままに、高速ロック的なギターリフや奇妙なコードワークなどを駆使し、今までの薄塩指数にはなかった楽曲となっている。
奇しくも歌詞の内容は「奇妙なフリをする俺を止めてくれ」というものだが、その奇妙なフリが功を奏したと言えるだろう。端的に言うとどえらいカッコイイのだ。

だが残念なことに動画のコメントでは「いつもの薄塩指数ではない」と拒否的なコメントが見られた。また別の方面でも批判に似たコメントが多くつけられ、いわば少し「荒れ」てしまった。

そんなプチ騒動の後に氏が発表した楽曲が、この「自分勝手(または人の好意をあてにする気持ち)」である。

冒頭に述べた、この曲は伸びてはいけない、評価されてはいけないという理由がわかっていただけるだろうか。
素朴なメロディ、そしてふと口ずさんでしまうようなキャッチーなサビ、つい体を動かしたくなるような軽やかな演奏。なんてことだ、きっとファンが望み期待している薄塩指数の楽曲まさにそのものじゃないか。
私はこの曲を聴いた時、薄塩指数は挑戦をやめ、今評価され期待されている「薄塩指数らしい」楽曲ばかり作るようになるのではないか、またはこれ以降ニコニコ動画に投稿することを辞めてしまうのではないかと感じた。
いつもの薄塩指数を期待するファン、その反応に対して「甘え」だと切り捨て、少なからず苛立ちを覚えてしまった氏自身の気持ちさえも「甘え」だと自戒するとも苦笑するとも取れるような歌詞。
喧嘩別れの置手紙としてこれ以上のものはない。この曲が伸びてしまったらファンはやはりいつもの薄塩指数らしさのある楽曲を望んでいるということの証明となるし、共感され評価されてしまえば「甘えだ」と理解しつつも落ち込んでいる氏を甘えさせることになってしまう。
伸びてはいけないし、評価されてはいけない。それなのに、楽曲はとてもいい。とてつもなく危なっかしい代物なのだ。

この曲を投稿した2016年5月16日以降、薄塩指数は3ヶ月以上ニコニコ動画に楽曲を投稿していない。
非常に速いペースで楽曲を制作、投稿していた氏としては心配になるほどの空白である。この楽曲を発表し、その反応を見て、おそらく考えるところがあるのだろう。
それだけの意味が込められた楽曲なのだ。

ところが最近になって、ツイッターにて8月末ごろに新たに楽曲を投稿する意思があることを明らかにした。多くのファンに中指を立てて長く留守にしていた薄塩指数は、一体どのツラ下げて帰ってくるのだろうか? どうせまた自分勝手にやるんだろう。甘えさせないように待ち構えていようじゃないか。

(※1 マジック:ザ・ギャザリングの略称のひとつ。ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社製の、世界初のトレーディングカードゲーム。
薄塩指数の楽曲投稿がないのは、これにドハマリしているからではとも噂されている)
(※2 曲名が長いため動画タイトルに収まらなかった、正式なタイトルは
「そんな気持ちぐらいは誰にでもあるって言われてもみんなニコニコニコニコ生きてるんだから信じらんねえよ」)

薄塩指数マイリスト

文責:マッハ人生(@otyneet_bot) ニコニコ動画マイリスト

Pick up!!

1

Figure Skating Compilation「KISS/CRY」は、サークル『152Hz』がお送りする"フィギュアスケート競技会で使用される楽曲"を想定したコンピレーション作品です。 フィギュ ...

2

こちらは意外と同人音楽畑では見かけなかった、スチームパンクライクな世界観を音楽だけでなく映像、ブックレットでも展開するアートユニット『iaitokyo』の3作目です。 "現代の東京と並行して存在するパ ...

3

こちらの作品はVOCALOID結月ゆかりをメインに起用している、KAIさんの3rdアルバムとなります。 乱唱三歌・雪月花について 作曲者のKAIさんが割とメタラーなのもあり、リフやメロディーの作りが同 ...

-R3Magazine-Web, アーティストレビュー
-, , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.