レスポンシブ広告




R3Magazine-Web レビュー 楽曲単体レビュー

爽やかさ×壮大さ×ロックサウンドの絡み合いに感じるカタルシス。剣サウンド / For Eternity

更新日:

オーケストラ系の楽器隊とロックなサウンドを融合させた上で、メロディー由来の爽やかさを確立させた剣サウンドの2017年M3秋の新作『For Eternity』を紹介します。

爽やかロックの一筋にフォーカスした作風

今作は2017年M3春の作品『Our Fate』の流れを汲んだカンジのサウンドを展開しています。とはいえ、前作が割とバリエーションに富んだ作品でまとまっていたのに比べて、こちらは全体的に同じテイストの曲調でまとめ上げられています。

トラックリスト

Tr.1 PERIOD
Tr.2 GAMEOVER AND OVER AGAIN
Tr.3 The Brutal Laborious True Sandwich
Tr.4 一筋縄では生かせない
Tr.5 For Eternity
Tr.6 God Rays

ロゴ制作:tac-tis

各楽曲レビュー

ゆったりと壮大な佇まいのエピックなサウンドで作品の幕開けにふさわしいなTr.1。
激しいドラムの暴れっぷりとピアノの爽快感溢れるメロディーに絡むギターが哀愁も漂わせるTr.2。
ストリングスとギターのメロの入れ替わり立ち替わりとじゃじゃ馬みたいに鳴り響くピアノパートでひたすらハイテンションに突き進んでいくTr.3。
前トラックからのハイテンションっぷりを継いで、唸るギターとシンフォニックなアレンジの光るTr.4は、『示方堂 / MSGSコンピ』に収録されていた楽曲の音源をアップデートしたもの。

音源の非力さもなんのその。あの手この手であっと驚く音を繰り出す。 示方堂 / MSGSコンピ


元々メロディーの秀逸だった楽曲がより重厚なテイストに仕上がっています。
Tr.5はまさに前作『Our Fate』の表題曲を受け継いだ楽曲。ストーリー性の高い楽曲展開と、ラストの演出は反則モノ。前作を知っている方はより楽しめます。
ラストは作中最もキラキラと明るい曲調でありながら、音の抜き差しによって緩急を付けつつ高揚感・多幸感をもたらしてくれるTr.6で締めくくります。

曲調は全体的に統一され、より『剣サウンド』を楽しめる1作

前述の通り、Tsurugi氏のサウンドの根幹にあるのは基本的に"爽やかさ"です。そこにシンフォニックだとかロックだとかのサウンド的要素が絡んできます。本作は「爽やかさ×壮大さ×ロックサウンドの絡み合いに感じるカタルシス」というのを存分に体感することができるものとなっており、バリエーションの豊かさではなく方向性を定めた故の贅沢さを味わうことができます。

関連リンク

特設サイト:https://tsurugisound.wixsite.com/for-eternity
剣サウンド通販ページ(BOOTH):https://hiainotsurugi.booth.pm/
クロスフェードデモ:https://soundcloud.com/tsurugi_kt_of_24/xfdfor-eternitym32017

文責:タチやん(@mofday)

Pick up!!

319view

とても贅沢な空間でくつろげました。こんにちは、タチやん(@mofday)です。先日、池袋にあります自主制作音楽CDの委託 ...

68view

みんなのUTAU2014で頒布された、マッハ人生氏のアルバム『廃盤』です。僕はみんなのUTAUには出向けなかったので、B ...

50view

暑くなったり寒くなったりですっかり温度差にやられていますタチやん(@mofday)ですこんにちは。今回はデータベースを吹 ...

-R3Magazine-Web, レビュー, 楽曲単体レビュー
-, , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.