R3Magazine-Web 同人アルバムレビュー

【同人音楽】V系の鋭さ+VOCALOIDのポップセンスの行先のひとつ。 yuu* / The Chroma【レビュー】

投稿日:

ヴィジュアル系。そのきらびやかなスタイルが目を引き、時に一部のリスナーから「音楽は見た目で勝負するものじゃない」とまで言われてしまう場面もあります。
しかし、V系の特色はその見た目だけではなく、むしろハードロックのスタイルに各々の好とするスタイルを混ぜ合わせたり、時代の先を行こうとする貪欲さであったりと、そのシーンは常に面白い動きを見せていると思います。
このアルバムはそんなV系の彼らに対するリスペクトを、ひしひしと感じとることができます。
聴いていて思わずニヤリとしてしまうフレーズや展開、"好きこそモノを、こう作れ!"というリスペクトの叫びが聴こえてきます。

The Chromaについて

VOCALOIDのLilyを起用したこのアルバムは、そちら方面のポップ・キャッチ―さも取り込み、yuu*氏自身のメロディセンスも詰め込み、V系の先達のモチーフも詰め込み、といったように同人音楽で好き勝手やれた、躍動感、満足感に溢れる仕上がりとなっています。

トラックリスト

Tr.1 - Bianca
Tr.2 - Cold spring
Tr.3 - 皚-Haku
Tr.4 - Poison cloud
Tr.5 - 触媒
Tr.6 - Excellent fools
Tr.7 - DISCORD HERE FEEL THE CATHARSIS DOMESTIC
Tr.8 - SHINING BRAVERY
Tr.9 - Truth
Tr.10 - Evidence-死、其れは生の証
Tr.11 - Forward
Tr.12 - 陽溜の朱

各楽曲レビュー

アルバムの導入として入りやすいポップロックかと思いきや、中盤で意外な展開を見せるTr.1。
ガッツリとラウドロックに舵を切りLilyもいきり立つTr.2。
転じて一気にダークになる陶酔系ハードロックのTr.3。
イントロで一気に音が軽やかになるも、陶酔系のまま流れていくTr.4。
某V系バンドを彷彿とさせるつかみのイントロで思わず「あーー!」となったTr.5。
挑発的なカッティングギターとロックオルガンの絡みにLilyがちょっかいを出すようにフックを仕掛けるTr.6。
終始、攻撃的な展開で殴りつけてくるタイトル通り暴力的なTr.7。
一転して明るくキャッチ―な王道ポップロックを繰り出すTr.8。
クリーンギターとLilyのボーカルが鮮やかに飛び出すTr.9。
1分間の音のトンネルを抜けると、哀愁を漂わせながらも力強いロックが飛び出すTr.10。
アルバムの中では最も明るい雰囲気で快活なTr.11。
ラストを飾るのはちょっと展開のヒネた感じのロックバラードのTr.12。

総評

ロックに強い声質のLilyのポテンシャルが生きてくるサウンドで、そっち方面に疎い人でもわかりやすく聴けると思います。
もちろん、V系バンドの楽曲を色々知っているとリスペクト元がわかったりして尚のこと楽しいです。

キャラがキャラなのでV系に時折つぶやかれる「メイクが……ライブが……」というような偏見・ステレオイメージを取っ払えるのも強みの一つなのかもしれません。
そういう印象から入らないで済むので、ボカロからV系サウンドというのは取っ掛かりとしてとても良いのかなとも思います。
V系が好きな人は元より、ボカロ曲を聴き漁る人ならロック系のアルバムとしてとてもすんなり聴き入れられるでしょう。
視聴した後にオマ―ジュ・リスペクト元のバンドや楽曲を探すのも楽しいですよ。

文責:タチやん(@mofday)

-R3Magazine-Web, 同人アルバムレビュー
-, , , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 AllRights Reserved.