レスポンシブ広告

R3Magazine-Web 同人アルバムレビュー

【同人音楽】アダルトさと幼さを内包した日常→非日常→日常という構図。Tokyo Jazz Children / 日常系XXX【レビュー】

投稿日:2016年12月10日 更新日:

日常の中にある非日常ってそれだけでネタになりますよね。それが他人の情事とかだったら尚更です。何を言ってるのか自分でも分かりません。タチやん(@mofday)です。
今回はそういうネタをモチーフにしたという、Tokyo Jazz Childrenさんの楽曲『日常系XXX』を紹介します。

日常系XXXについて

“日常系XXXを題材にした、ボーカル/インスト及びジャンル不問コンピレーション”とありますが、伏せ字の3文字が何かということについてはまぁ歌モノの歌詞に注視すればわかると思います。
ところでやたらとセクシーな曲が多いですね。なんででしょうか?

ムーディであったり、セクシーであったり、どことなく向こう側の雰囲気を漂わせている曲が多いです。どうにか表現についてボカシていることについてはご容赦ください。
アダルトさと、ちょっと幼いような危なっかしさを内包したイメージです。

トラックリスト

Tr.1 Tryst - 玉城麟太 (1:11)
Tr.2 daily privacy - matcharex (2:08)
Tr.3 カレシ依存症 - 日吉日横 feat.初音ミク (4:25)
Tr.4 あったかいね - ALICE feat.さとうささら (4:46)
Tr.5 Not Living Hole - 無生物ファッカー秋P (1:50)
Tr.6 夢の続きは - 唯月るきな feat.巡音ルカ,結月ゆかり (1:17)
Tr.7 2DKラブソング - 市井 feat.結月ゆかり(with.IA) (2:49)
Tr.8 あのよる - ムシぴ feat.初音ミク (3:38)
Tr.9 2度目の朝には - KAH feat.GUMI (4:26)
Tr.10 触れて、染めて、浮きあって - 西野 feat.祈音イヴ (4:02)

各楽曲レビュー

ムーディなエレピ+ベースラインとアダルティなブラスが混じり合ってスッと終わるジャジーなTr.1。
跳ね回るピアノと8bitシンセを主軸とし「もうイヤ!」というボーカルが容赦なく刻まれた音がまぶされたTr.2。
快活なギターを軸に、わりとスタンダードなポップロックをミクが歌い上げるTr.3は歌詞に比して音は幼くない印象。
この曲の歌詞を見ればそろそろアルバムタイトルの『XXX』がなんだかわかるでしょう、といった向きのTr.4。
様々な環境音を上書きするベースの音と、遠くから近づいてくるシンセの音がやたらと印象に残るTr.5。
吐息とスキャットとピアノ独奏でスパっと演奏しスパッと終わるTr.6。
ピアノ+ストリングス+リズムトラックでシンプルに纏まっている、しっとりおっとりとしたTr.7。
Tr.1とは毛色を変えたアダルトさとメルヘンっぽさの間をフラっと行き来するTr.8。
事後の(何の?)朝を思わせるような爽やかさとクラブ系を思わせるリズムトラック、中盤のスラップが効いたベースパートのセクシーさがクセになるTr.9。
ブルージーさを香らせながらもエネルギッシュなギターとロマンチックなメロディラインが心底心地良いTr.10で〆。

総評

というわけで(?)日常感を大切にしつつもそこを踏み越えた非日常的な『XXX』をも演出したかのような作品です。
ジャケットイラストが『目が見切れている・セーラー服女子のダブルピース』というあたり完全にその辺も狙ってますよね。いいと思います。
ギターロックを主軸にしつつライブ感のあるシンセやエフェクトのかかり方をしたり、曲全体としてもロマンチックさが溢れるTr.10が特にお気に入り。

ちなみに個人的にはインストモノの楽曲に「もっと曲尺が長くてもバチは当たらないんじゃない?」みたいなものを感じることもありましたが、そこは歌モノの構成に慣れているからだと思われます。

文責:タチやん(@mofday)

-R3Magazine-Web, 同人アルバムレビュー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 AllRights Reserved.