レスポンシブ広告




R3Magazine-Web 同人アルバムレビュー

【レビュー】魂と夜空の光弾ける Overlight0923 / Looking for... 【同人音楽】

投稿日:2016年9月26日 更新日:

*当レビューで紹介している作品は、Overlight0923氏のYoutubeアカウント削除に伴い、作品も視聴できなくなりました。

初めまして、瀬見川 笑子(@SemiRiver)です。

今回からR3Magazineに寄稿させていただきます。

普段は好きなゲーム音楽の妄想いっぱいの記事を書いています。

記念すべき一稿目は、Overlight0923氏のオリジナルアルバム[Looking for... ]です。

切なく、強く、時には歪に

ピアノの切なくも力強い音を、汽車の汽笛のような世界が追いかけていきます。全体を通して星降る草原、洋館、鉄だらけの異世界を旅するRPGのよう。

トラックリスト

Tr.1 今宵、約束は桜散るように...
Tr.2 Awakening -Programming World
Tr.3 Battle of Bath *
Tr.4 Silent
Tr.5 大切だった絆 *
Tr.6 Looking for the Moon
Tr.7 The Way to the Future *
Tr.8   Dearest
Tr.9   Late Night Battle
Tr.10 Anxiety   *
Tr.11 Dearly Loved -大切だった絆-
Tr.12 Sorrow of the Dragon *
Tr.13 Dream End ~Where the reach of Sorrow~

* Feat.Drumsuke

一度流れのままに聴くべき

素直なピアノからのどこかノスタルジックで優しい祈りのようなTr.1の綺麗な景色から一転、Tr.2のデジタルでメタリックな空間に入り込ませる構成はまさにファンタジー、冒険の世界だ。僕は全編汽車に乗って旅をしている気分で聴かせてもらいました。

ドラムが闘志を駆り立てるがどこか悲しいTr.3。シンセから静かに始まり、その名の通り静かに、確かな音が涙を誘うTr.4。物語のターニングポイントなのだろう、これまでのフラストレーションをゆっくり練り上げて、力にするようなTr.5。残酷な雨か、偽りの街の光か、そんな風景を感じさせながら走り抜けていくTr.6。世界の奥深くへ辿り着いたのか、迷いを捨てたようなダンジョン曲Tr.7。そんなメカニカルな世界から一転、どこまでも続く空に帰ってきたような、そんな気がする。後半の転調からのはしゃぎっぷりは子供のようなTr.8。でも、まだ終わっていなかった。古き良きRPGを思い出す不安を煽るシンセに、風の悲鳴のような音が重なっていく。星降る空、ほほを撫でる風が怖くなるTr.9。人知の及ばぬ異世界決戦感のあるTr.10。ハイペースなリズム隊に、自らの道を見失わんとするピアノは圧巻。シンプルな「戦い」の空気。印象的なコーラスから始まる悲しみの曲。コーラスの間に汽車の排気音が聞こえる気がするTr.11。悲しい。自暴自棄になりかけても剣を振るうしかない怒りのTr.12へ。ピアノもここへきて発狂している。ラストTr.13は、どうしようもない悲しみから時の流れに身を任せ、どこまでも列車を走らせているような、そんな情景が湧き上がってくる。そしてエンディングへ…

音楽から情景を創造/想像する

元来、ゲーム音楽は、ゲームがあってそれに音をつけていく「場面から音を作る作業」。そして、大抵のリスナーの立場では、真逆の「音楽から場面を思い出す行為」に他なりません。

しかし、今回取り上げた楽曲たちはゲームが存在していない。

作る側は、もしかしたらしっかりとストーリー、世界観を練り上げているのかも知れませんが、その情報は動画上では、背景・タイトル・曲名しか公開されていないのです。

そこから、私たちは自由に場面を、世界を創造して聴くことができるのです。なんて自由で、罪深いことなのでしょう。

作曲者とリスナーの思いの差は少なからず起こるかもしれない。魂から出来た楽曲に、無闇に想像を付け足して良いものかはわからない。けれど、そうやって変わっていく音楽がゲーム音楽なんじゃないかなと、いちリスナー目線ではそう思うわけです。

※個人の感想です。

Overlight0923氏の楽曲はAmazonなどで購入することができます。

文責:瀬見川 笑子

Pick up!!

1

こちらの作品は尺八とサックスによる世にも珍しい2本のリード楽器と、ゲームのBGMという体を成している『山染世界』さんの4作品目です。 神無月の章について ひとつ前の山染世界さんの作品レビューで解説して ...

2

みんなのUTAU2014で頒布された、マッハ人生氏のアルバム『廃盤』です。僕はみんなのUTAUには出向けなかったので、BOOTHでDL版を購入。 廃盤について 氏の作るメロはどれもとにかく美メロで、ラ ...

3

『Our Fate』は個人サークル『剣サウンド』がお送りする、六つの異なるタイプの壮大な音楽を収録したミニアルバム。なお、こちらのサークルでは3作目の作品です。 『Our Fate』について 『壮大さ ...

-R3Magazine-Web, 同人アルバムレビュー
-, , , , , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.