レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー

音を頼りに、ファンタジーの世界を歩いてみよう。鶏肉製造所 / Kiotone

投稿日:2017年7月3日 更新日:

今回紹介する作品は、民俗調サウンドを提供している鶏肉製造所の、前3作の集合と再構築といった趣のアルバム『Kiotone』です。

Kiotoneについて

こちらの作品は、世界観を共有している3作に、新たに加えた楽曲で構成されています。この世界観を旅するみたいな雰囲気で流してくれるのですが、密度の濃い時間を提供してくれると思います。

トラックリスト

1.Beggining of Journey
2.始まりの丘
3.Jur
4.時を止めた街
5.Wooden Labyrinth
6.原罪の樹
7.戦いの記憶
8.Meina
9.化石の海
10.氷炎
11.Ma-la-Sia
12.PoLapua
13.最果ての観測島

各楽曲レビュー

ゲームのタイトル画面を思い起こさせるワクワク感、それでいて穏やかなM1、心を奮い立たせる壮大なパートと笛の音の哀愁が折り重なるM2、楽器のチョイスがカントリー系のサウンドで楽しく転がしてくれるM3、荘厳さのある曲調に入るSEが気分を高めてくれるM4、複合拍子の音の森が不思議な感じを醸し出すM5、只ならぬ緊張感を終始漂わせるM6、吹きすさぶ哀愁も褪せた感じを表現したような音使いのM7、得体の知れないSEも飛び交う不穏というか不安というか謎な気持ちにしてくれるM8、太古の雄大さを錆びつかせて時を止めてしまったような雰囲気のM9、RPGのボス戦闘曲と言われても差し支えないようなノリで高揚するM10、トランスの様式に則って暗所から明るい所へ駆け抜けるトンネルのようなM11、不可思議なメロとリズム隊が印象的なM12、アルバムの最果てには安らげる場所があったかのようなオケの染みわたるM13。

まとめ

民族調といいますが、ひとつのファンタジー世界を渡り歩くRPGのようなアルバムになっています。
場面ごとの盛り上がりに抑揚がありますので、たれ流しで何度も聴くよりはガッツリと聴きこんで作品に漬かって欲しい作品です。
聴いているこちらの創作欲も刺激してくれる、楽しい作品ですので是非お手にとっていただきたいですね。

ダウンロード販売ページ(BOOTH)
文責:タチやん

Pick up!!

1

Figure Skating Compilation「KISS/CRY」は、サークル『152Hz』がお送りする"フィギュアスケート競技会で使用される楽曲"を想定したコンピレーション作品です。 フィギュ ...

2

こちらは意外と同人音楽畑では見かけなかった、スチームパンクライクな世界観を音楽だけでなく映像、ブックレットでも展開するアートユニット『iaitokyo』の3作目です。 "現代の東京と並行して存在するパ ...

3

こちらの作品はVOCALOID結月ゆかりをメインに起用している、KAIさんの3rdアルバムとなります。 乱唱三歌・雪月花について 作曲者のKAIさんが割とメタラーなのもあり、リフやメロディーの作りが同 ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー
-, ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.