レスポンシブ広告




R3Magazine-Web 楽曲単体レビュー

【レビュー】電子ドラッグだの期待の病人だの、謎の中毒性。とろにか feat.初音ミク / 蹴散らせポセイドン【同人音楽】

投稿日:2016年8月5日 更新日:

この曲に関してはまじでやばいです、タチやん(@mofday)ですこんばんは。今回は”ハマる人はハマる”そうでない人には最悪ただの雑音に聴こえそうな、謎の中毒性を持つ楽曲『蹴散らせポセイドン』を紹介します。

気の抜けそうな笛の音・ピコピコサウンドとウネウネ動くベースの生みだす謎のグルーヴ感

「東京に行きたい」というボーカルに合わせて鳴る調子外れたピコピコサウンドや、間奏の気の抜けたプェーと鳴る笛の音やら、オクターブでウネウネするベース。その全てがどこか可愛さも含んだ不穏さとグルーヴ感を生み出しています。そしてサビ(?)の謎のリズム感がこれまたハマる。決して楽曲としては完成されているわけではないのですが、むしろコレはコレでいいという謎の納得感があります。曲が始まる前や間奏前に鳴る「デッデッデッ」としたベースには完全に心を奪われました。

同じく気の抜けそうな初音ミクのボーカル(でもたまにキレる)

恐らく無調整であろう初音ミクの素出しボーカルはやはりいつ聴いてもかわいらしいですね。と思いきや、間奏を抜けた後の「眠気を、不安を、あいつを」蹴散らせという部分だけやけにキレッキレですね、不穏という意味でも危ない感じがしてハマります。「けちらせぽせいど」と呂律のまわってない感じもかわいらしさに拍車をかけているのでしょうか。考えれば考えるほど全てが謎です。

そういえばこのポセイドン?の絵もベタベタ歩いているのに目のあたりにどこか狂気を感じるのが最高です。しかも止めても動く。僕はこの曲・動画の全てがツボりました。

【追記】
なお、謎の人気を博したのもあり、この曲のファミコン音源リミックスというのもあります。曲としての体裁はカッチリしたような感じになりましたね。なぜ作った。

【追記】
その後の情報により、この曲がFunkotアレンジもされているというのを確認できました。なぜ作った。

文責:タチやん

Pick up!!

1

こちらの作品は尺八とサックスによる世にも珍しい2本のリード楽器と、ゲームのBGMという体を成している『山染世界』さんの4作品目です。 神無月の章について ひとつ前の山染世界さんの作品レビューで解説して ...

2

みんなのUTAU2014で頒布された、マッハ人生氏のアルバム『廃盤』です。僕はみんなのUTAUには出向けなかったので、BOOTHでDL版を購入。 廃盤について 氏の作るメロはどれもとにかく美メロで、ラ ...

3

『Our Fate』は個人サークル『剣サウンド』がお送りする、六つの異なるタイプの壮大な音楽を収録したミニアルバム。なお、こちらのサークルでは3作目の作品です。 『Our Fate』について 『壮大さ ...

-R3Magazine-Web, 楽曲単体レビュー
-, , , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.