レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アルバム作品レビュー

【同人音楽】束の間の休息を。 一般人工房 / お昼寝の時間【レビュー】

投稿日:2017年2月10日 更新日:

ぐっすりと眠れることは現代社会においてとても重要かつ幸福度の高く、社畜生活においてはとても貴重な場面であると思われます。今回紹介するのは、そんなユーフォリックなひとときを演出する”お昼寝をテーマにした”コンピレーションアルバムです。

お昼寝の時間について

“お昼寝”をテーマに作られているだけあって、しっとりとした楽曲が多いのかなと思いきや、意外とスリリングな展開の楽曲もチラホラ見かけられて面白いことになっています。
ただし楽曲のテンポは総じてスローで、リズムも難しくないもので締められています。
個人的な考えですが、音が詰まりすぎて聴き疲れをするということはまずないかと思われます。

トラックリスト

Tr.1 A Siesta In The Garden Around You As You Take - Minutes Me Calling(1:20)
Tr.2 たゆたう光の中で - 藤宮 藍(2:27)
Tr.3 Garden - たまお(やばおP)(4:22)
Tr.4 なくしたもの - いちか(3:08)
Tr.5 まいるどりぃむ - DADULLA(2:59)
Tr.6 おひるねするこはおひるねこ。 - タチやん(3:00)
Tr.7 Début d'aprés midi - 玉城麒麟(4:35)
Tr.8 noon - 西野(4:46)
Tr.9 Seepage - soufey vo.初音ミク(3:06)
Tr.10 アクースマ - ユメノマ(2:20)
Tr.11 nepenthe - toki nakayama(4:28)
Tr.12 破滅の絵本 - ムシぴ vo.初音ミク(3:54)
Tr.13 a sunday - Hiromi vo.Lily V3(Cho.Luka)(3:54)
Tr.14 うたたね - 市井 vo.結月ゆかり(2:15)

各楽曲レビュー

マリンバとエレピとが静かなリズムトラックの上をくすぐったく動くのが印象的なTr.1。
ゆったりとしたエレピとオルゴールの音にひたすら癒され、アコギのアルペジオが染み入るTr.2。
オケの深い残響音がじっとりと耳に残る、ひたすらスローペースなストリングスがメロディを奏でていくTr.3。
低音のどっしりとした音がピチカートとアコーディオンの軽快な音と絡み合うのが心地良いTr.4。
よりピチカートを多用し、マリンバを始めとした可愛らしい楽器隊の軽妙な音が楽しいTr.5。
明るいイメージではあるがドローンとした雰囲気にベースが意外にも跳ね回るダンサンブルなTr.6。
ジャジーでムーディな楽器隊と、抑えめ控えめなドラムに身を委ねてひたすらまどろめるTr.7。
リバースを多用した印象的なイントロからシンセのリフとエレクトロニカなオケに聴き入ってしまうTr.8。
音数も少なくひたすら落ち着いているがVo.の輪郭はハッキリとし、どこか不穏な空気も醸し出すTr.9。
音の流れ方が少し不思議な展開や、曲中のテンポチェンジでこちらを惑わせてくるようなTr.10。
ピアノの演奏メインに他のシンセやドラムがおかず的に盛り立てられているように思えるTr.11。
ファンタジー色の強いオケにどこか悲壮感漂わせる展開と歌詞と対峙させられるTr.12。
どこかノスタルジックなエレキギターの音が吐息成分の強いようなVo.と合わさり耳あたりのよいTr.13。
ピアノとストリングスとVo.というシンプルな構成で音の隙間に余裕を持たせているのがわかるTr.14。

総評

全体的にリズムトラックが穏やか、落ち着いている楽曲が多く、リズム感に乏しい筆者がリズムに素直に身体を預けられるのが印象的でした。
とにかく洒落乙なTr.7と、お昼寝がテーマなのにやたら盛り立ててくれるTr.8がお気に入り。
Tr.14のような音数に余裕のある曲が出揃うのかなと勝手に予想していましたが、意外とそうでもありませんでした。
リスニング用途にも面白いですが、BGMにも出しゃばりすぎないくらいの曲が多いです。

関連リンク

特設サイト

文責:タチやん(@mofday)

Pick up!!

1

Figure Skating Compilation「KISS/CRY」は、サークル『152Hz』がお送りする"フィギュアスケート競技会で使用される楽曲"を想定したコンピレーション作品です。 フィギュ ...

2

こちらは意外と同人音楽畑では見かけなかった、スチームパンクライクな世界観を音楽だけでなく映像、ブックレットでも展開するアートユニット『iaitokyo』の3作目です。 "現代の東京と並行して存在するパ ...

3

こちらの作品はVOCALOID結月ゆかりをメインに起用している、KAIさんの3rdアルバムとなります。 乱唱三歌・雪月花について 作曲者のKAIさんが割とメタラーなのもあり、リフやメロディーの作りが同 ...

-R3Magazine-Web, アルバム作品レビュー
-, , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.