レスポンシブ広告




R3Magazine-Web アーティストレビュー レビュー

爽やかサウンドをストレートに。剣サウンド

投稿日:

作品リリース当初から、独自の清涼感溢れるメロディーをストレートにぶつけてくるTsurugi氏の、過去作品から現在まで通して紹介していきます。こちらの方、2作目から作風が固定されつつも他ジャンルのエッセンスを取り込もうとした作品もあれば、自身の曲の強みを理解して研究したサウンドもあり、バラエティの面でも楽しむことができます。またBOOTHで現在入手できる作品は1~3作目となっており(近日中には4作目もリリースされると思います)個人作品だけを追いかけるのであればすぐ追いつけます。コンピ参加作品まで手を広げると大変なことになりますが……

剣サウンドの1作目『Mother Forest』

この頃からTsurugi氏の得意とする清涼感溢れるメロディーは確立していました。ただ曲調としては現在と比して大分穏やかで、ゲームミュージックで言うところの街や森のBGM的なものを聴くことができます。笛やアコギのしっとりとしながら、爽やかで耳当たりの良いフレーズがそこかしこに。
民族調の音楽を聴いているリスナーさんにはオススメできますが、現在の激しいTsurugi氏だけしか知らないと面食らうかもしれません。ですが表題曲のTr.4『Mother Forest』は今のTsurugi氏にはっきりと通じるサウンドが見られます。

2作目『Higher than the sky』

本作からエレキギターの激しいサウンドが取り入れられるようになりました。オーケストラ調とロック・バンドサウンドにTsurugi氏の爽やかメロディーが組み合わさり、特にメロを重視するタイプのメタラーには堪らない(でもジャンル的にはそこまでメタルではないと思うんですよね)サウンドが繰り広げられています。ギターのリフはわりと音は動かずリズミカルに刻むタイプのもので、メロディーを引き立てるにはちょうどいい黒子的な役割を果たしているのかなと。差し込まれるピアノのフレーズもきらびやかで、泣きのメロディーに華を添えています。
Tr.1『Beyond the sorrow』とTr.4『Radical assault』は別の作品にも収録されています(後述します)。

3作目『Our Fate』

爽やかさにオーケストラ調の壮大さがより強さを増し、更に各曲でそれぞれ違うテイストのサウンドを取り入れた、バラエティー豊かな作品。サークルSymphonic Cityのコンピレーション作品『ONNUEHO 4th Edition』にも収録されたTr.5『魔王-慟哭-』の重厚さと大作感は圧倒的。表題曲『Our Fate』や続くTr.2『HOPE THIS WAY』作品の〆である『sword world』と、もちろんTsurugi氏の爽やかサウンドは健在です。

壮大さ×6つの異なるスタイルの融合。 剣サウンド / Our Fate

番外『爽やかロック戦闘曲EP』

EPと言いながら13曲も収録されているアルバム作品。タイトル通り、全曲ゲームの戦闘曲をイメージしたものとなっています。前述の『Beyond the sorrow』と『Radical assault』や、コンピレーション作品BATTLE COLLECTION 2に収録されている『critical strike』等、過去作品もちょいちょいピックアップされています。第6回APOLLOのイベントに用意された作品で、現在では入手方法がないのが残念です。再配信されるのを祈るとかお願いするとかしかないですね。激しめのサウンドが揃っているので、曲を聴いて1発目の音からもうハイテンションになれます。

4作目『For Eternity』

この記事を書いている現時点での最新作。2017年M3秋の作品。3作目『Our Fate』との連作的な立ち位置でもあり、それと比べるとサウンドの方向性がより「オーケストラ調の重厚さ・壮大さ×バンドサウンドのキャッチーさ×爽やかなメロディー」というのに突き抜けています。表題曲『For Eternity』に組み込まれた前作とのギミックは反則レベルなので、是非『Our Fate』と一緒に入手するのをオススメします。Tr.2『GAMEOVER AND OVER AGAIN』Tr.3『The Brutal Laborious True Sandwich』Tr.6『God Rays』は剣サウンドテイストが極まりつつあるのを聴けるでしょう。またTr.4『一筋縄では生かせない』は元々、示方堂のMSGSコンピにMSGS音源(Windowsに搭載されているチープな初期音源)で作られた楽曲の音源を刷新したもので、どちらも味のあるサウンドなので比較してみるといいでしょう。

爽やかさ×壮大さ×ロックサウンドの絡み合いに感じるカタルシス。剣サウンド / For Eternity

コンピ参加楽曲

他サークルのコンピレーション作品にも結構参加されていて、追いかけるのが大変な一因でもあります。前述しました壮大な楽曲を集めたコンピ『ONNUEHO』シリーズの最新作にもいますし、戦闘曲を集めた『BATTLE COLLECTION』シリーズにも参加されています。また「200年後の未来の人間と宇宙の関わり」についてをテーマとした『from the Spase Station 2217』や「民族調の楽曲をイメージして作った」示方堂のコンピ『Oblationes de variis gentilicio coetus』には、剣サウンド初期を思い起こさせる楽曲を提供しています。

剣サウンドの魅力

「オーケストラ調の重厚さ・壮大さ×バンドサウンドのキャッチーさ×爽やかなメロディー」この中でも特に『爽やかなメロディー』を作れて、それを引き立たせられる構成に組み上げられるセンスが剣サウンドの魅力だと思います。激しさに溢れた快活な曲が好みという人には2・3・4作目をオススメしますが、ゲームミュージックのキャッチーさを内包しながらゆったりと落ち着ける内容となっている1作目もいいものです。

関連リンク

剣サウンドSoundCloudアカウント:https://soundcloud.com/tsurugi_kt_of_24
BOOTH:https://hiainotsurugi.booth.pm/

文責:タチやん(@mofday)

Pick up!!

319view

とても贅沢な空間でくつろげました。こんにちは、タチやん(@mofday)です。先日、池袋にあります自主制作音楽CDの委託 ...

68view

みんなのUTAU2014で頒布された、マッハ人生氏のアルバム『廃盤』です。僕はみんなのUTAUには出向けなかったので、B ...

50view

暑くなったり寒くなったりですっかり温度差にやられていますタチやん(@mofday)ですこんにちは。今回はデータベースを吹 ...

-R3Magazine-Web, アーティストレビュー, レビュー
-, , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.