R3Magazine-Web 同人アルバムレビュー

【同人音楽】まだ聴いたことのない世界への足がかりにいかが。OX-project / このジャンルがすごい!!!!!2016【レビュー】

投稿日:2017年1月3日 更新日:

コミケも終わり年も明け、皆様いかがお過ごしでしょうか。あけましておめでとうございます、タチやん(@mofday)です。ぼくは今回のコミケもそこそこ音楽周辺を回っていました。
そこで見かけました「音楽を聴く人のためのコンピ」「まだ見ぬジャンルや聞いてはいるけどよく知らないジャンルを知るためのコンピ」を手に入れてきましたので、今年最初はこちらを紹介したいと思います。
サークルOX-projectがお送りする『このジャンルがすごい!!!!!2016』です。


このジャンルがすごい!!!!!2016について

こちら、作曲者から見た「今最もアツいジャンル」を集めた作品です。作曲者によるジャンル解説とそのジャンルでのオススメ曲・アーティスト・アルバム紹介のシートがついてきます。

コンピのコンセプトが各々の好きなジャンルを持ち寄るというものなので、打ち込み音楽系寄りではありますが、闇鍋のごとく様々なジャンルが寄り集まってきています。
各ジャンルを代表して提出された曲を聴く……というカンジがどうも音ゲーのシステム的にも思えるのは気のせいでしょうか。恐らく狙ってやってるのでは?と勝手に思ってしまいましたけど。

Disc 1 トラックリスト

Tr.1 Spring in this Summmer - youmi (3:47)
Tr.2 RAT - Negative Headphone (3:55)
Tr.3 Shadow of the Hitman - STruTS (5:33)
Tr.4 Spase Cats - K.Tanin(4:38)
Tr.5 Never Ever Together (Edit) - DJKurara(3:00)
Tr.6 suckingpussyecstasycuntlesbiangrind - RYONATOLOGY BPM (0:40)
Tr.7 HELLISH EXTERMINATOR 2016-MODE:DISORDER (5:05)
Tr.8 考える葦[hard-problem Remix] Mimosine(熱平衡P) feat. v flower (2:06)
Tr.9 夜桜の舞 イノウエサオリ (4:19)
Tr.10 Ehre - Muhiyh (2:19)
Tr.11 Princess Rosalia - morilyn (5:06)
Tr.12 Grab Your Sun - 839 (5:05)

Disc 1 各楽曲レビュー

軽くて硬めのリズミカルな洒落乙ピアノがメロディアスで忙しないエレピと絡み合うのが良い【House】Tr.1。
シンセリードのアンセム感とドロップのキメ方が刺々しい【エレクトリックスクリーモ】Tr.2。
耳に馴染みやすいガバキックとブリブリ言うベースが一本調子で頭を振ってノリやすい【Crossbreed】Tr.3。
かわいらしいシンセの音色のおかげか実際のBPMよりまったり楽しめるカンジに仕上がった【Happy Hardcore】Tr.4。
様々な音ネタ?が容赦なく切り刻まれ、重たいキック主軸のリズムトラックに乗っかっておりとても目まぐるしい【Dancecore】Tr.5。
洋モノAVからのサンプリングであろう喘ぎ声に一瞬グラインドコアをぶちまける玄人向け?の【cyberpornogrind】Tr.6。
スピードコアをベースに多様なジャンルを持ち寄ってより取り返しのつかない様相になった、ある意味アバンギャルドでパンキッシュな【NUSKOOL CHAOTIC SPEEDCORE(aka HYBRID SPEEDCORE CHIMERACORE/GOCHACORE)】Tr.7。
メロディーラインからサッドコアも思わせる、主張の強いエレジーなハードコアテクノの裏でVOCALOIDが聞き取れないほどの早口でまくし立てる【VocaloRap】Tr.8。
ダンサンブルなI’veサウンドを思い出させるような進行に和のフレーズが散りばめられて優雅さも匂わせる【Technopop】Tr.9。
リズムトラックの体感速度の緩急の付け方に微睡むようなピアノとギラついたシンセで目が醒めたり陶酔したりと忙しい【Trancecore】Tr.10。
しっとりと鳴り響くピアノ+動き回るベースの心地よさのおかげで曲構成の難解さが良い意味で際立たない【Contemporary Jazz】Tr.11。
どこか多幸感のあるオケに乗っかるリズムに併せて、思わず飛び跳ねたくなる【Hardstyle】Tr.12。

Disc 2 トラックリスト

Tr.1 Beginner’s Light - 蟹みゅう (3:30)
Tr.2 Gemini - Sanmal (5:07)
Tr.3 ABISSO SENZA FINE - Аутумн леавес (9:54)
Tr.4 Project「ANIMA」 - Urtica_Ferox_ (4:50)
Tr.5 The Midnight Sun - Qream+
Tr.6 Spackeling cotton candy - ソウルプラネット (3:07)
Tr.7 4・3月 - 翡翠 (2:10)
Tr.8 ライラ - sEYE_REN (4:02)
Tr.9 Sagittarius - xyst (5:43)

Disc 2 各楽曲レビュー

リズムもメロもリフも、トリップ感あるもので構成されており、ピアノの余裕のある鳴らし方も相まって没入感あふれる【Trance】Tr.1。
4つ打ちのリズムに対して、図太く主張してくるベースとボイスがどこか挑発的にも思える【Basshouse】Tr.2。
街中を歩き回ってサンプリングしたと思われるミュージックコンクレートに、他のトラック・ジャンルではあり得ないドローンとしたシンセやピアノが這いずり回るような【AMBIENT/SOUND COLLAGE】Tr.3。
歪みまくったベースと暴れまわるリズムトラックに終始振り回されるような感覚さえある【Frenchcore】Tr.4。
突き抜けた明るさ・ギラつき感をまき散らしてくれるシンセ達の鳴りをノリやすいリズム隊がまとめあげてくれる【Hands Up】Tr.5。
8bit系サウンド(ファミコンとかゲームボーイ的なピコピコサウンド)でポップさに満ちあふれたメロディがうれしい【チップチューン】Tr.6。
終始ラジオエフェクトがかったようなキックで攻め倒すが、曲中でDJが使うようなエフェクトのかけ方がライブ感を醸し出す【schranz】Tr.7。
ダブステップぽいリズム感に、要所でグリッチが差し込まれくる感覚が小気味良い【Glitch Hop】Tr.8。
音色の変遷だけでもおなかいっぱい楽しめる&このアルバムの〜〜CORE系ジャンルの中でもとっつきやすいキャッチーさが魅力な【J-CORE】Tr.9。

総評

Disc1、2ともにDTM・音ゲー・リズムゲー界隈にいる方が多いような印象を受けました。〜〜COREという名を関したジャンルの多さにも驚かされたりしました。それ系の楽曲だとリズム感も似たカンジのものが多いかな、とも感じたり。
Disc1ではわかりやすくノレるうえでユーフォリックな展開がツボったTr.12のHardstyleの『Grab Your Sun』、Disc2ではまさにジャンルのごった煮みたいなTr.9のJ-CORE『Sagittarius』がお気に入りです。

作者の”今”アツいジャンルを書くというところで、得意としている音使いがこの辺にあるのかなと作者ごとの色にも触れられるので、新しいジャンルだけでなく各作者にもタッチできるコンピというのがいいですね。

なんにせよ新しい音楽を開拓したい!と考えている方向けと謳っているのに間違いない熱量を確かに感じた作品でした。ご馳走様です。
是非2017年にもこういった企画モノをやってほしいですね。

特設サイト
通販ページ(BOOTH)

文責:タチやん

-R3Magazine-Web, 同人アルバムレビュー
-, , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 AllRights Reserved.