レスポンシブ広告

R3Magazine-Web 同人アルバムレビュー

【同人音楽】ワケのわからないほどにジャンルレスな楽曲集。 Ark of Phantasm / 文系VS理系コンピレーション【レビュー】

投稿日:2017年2月16日 更新日:

今回は関係者だけで打ち上げが5回くらい出来そうな大所帯コンピ、文系VS理系コンピレーションのご紹介です。
楽曲ひとつひとつは本当にちゃんとしているんですが、そのサイズ感もあり色々とぶっ飛んでいるカンジです。

文系VS理系コンピレーションについて

同人創作界隈で……なくとも時々ネタになる「理系or文系」のどちらかの立場になり、それぞれがその分野に抱くイメージをテーマに作曲した楽曲が集まったコンピです。
参加者が多く、楽曲数も32曲と大所帯なコンピレーションアルバムとなっております。後述しますが、それなのにジャンル被りな楽曲が1つも見当たらない(カスリぐらいならさすがにありますけど)のが恐ろしいです。
ボリューム感にあふれ、また販売価格もこの規格のコンピではありえない500円でリリースしているのが恐ろしいです。

トラックリスト(文系サイド)

Tr.01 - タチやん / 奈落大行進曲
Tr.02 - Rutlδ / Philosophy
Tr.03 - NANA / ツークツワンク~作者の気持ちを答えよ~
Tr.04 - AMAZE(マスタリング:Hyuji) / ティムトゥディー
Tr.05 - イノウエサオリ / 読書の時間
Tr.06 - naccle / 蒼の洞
Tr.07 - EBI / 胡蝶の願い
Tr.08 - 四月隠者(あづき) / 図書館塔:十三階層
Tr.09 - アルティメットビターチョコレート ft.さくら 作詞 さきさま 作曲編曲 伊織坂くるみ / 秋風れぽーと。
Tr.10 - 遊句 / 文学部なのに心理学系の実験を行う学科
Tr.11 - つばさくん / 万葉
Tr.12 - あおいん / N.Sinhabubu「POSSIBLE GIRLS」(2008)
Tr.13 - サギシ / 抛物するパラレルブラッド
Tr.14 - Kyocmp / ただいま。

各曲レビュー(文系サイド)

のっけから曲尺が12分を越す壮大で目まぐるしく展開する、ゲーム音楽を彷彿とさせるプログレのTr.1。
ゲーム音楽つながりで古代の洞窟をも想起させるような深い残響音と時折刺さるワブルベースが印象的なTr.2。
ダークなヴィジュアル系を容易く連想させる、イントロからのなだれ込み具合とサビでのドロップダウンが嬉しいTr.3。
ゴシック・ファンタジーがEDM由来のキックとピアノやブラスの音で奏でられるTr.4。
エレピのバッキングとベースラインと共に非常にゆったりとした時間が流れるTr.5。
図太いキックやエレクトリカルな音色とは裏腹にとても穏やかなバックトラックと、裏で流れるサイケデリックなシンセの没入感が素晴らしいTr.6。
雄大さ・力強さを感じさせるストリングスと太鼓の音に打ち震えるTr.7。
ゴシック・デカダンスなチェンバロの音とリズム隊に侘しさを感じるTr.8。
ポップな女性ボーカルが煙たさを纏ったハードロック調のギターサウンドと駆け抜けるTr.9。
チップチューンライクなシンセや笛の音が哀愁を漂わせながら展開するTr.10。
和の薫りを纏い、終始穏やかでたおやかなムードで進むTr.11。
こちらのトチ狂ったレポートをベースにポップロックで歌い上げたTr.12。
合成音声(さとうささら、Cevio)のポエトリーリーディングが耳元を行ったり来たりして不安になるTr.13。
静かなオーケストラが段々と盛り上がっていく様子がきらびやかに耳に残るTr.14。

トラックリスト(理系サイド)

Tr.01 - Winna Strive / 戦う理由
Tr.02 - べにfrom何度でも死ねる / Datura
Tr.03 - 清水嶺 / 両利きフレミング
Tr.04 - 十字ロ / quasicrystal
Tr.05 - Tyokunal / Intersection of Cyber Space
Tr.06 - Ravus / Forever Tears
Tr.07 - ワカユウ / Blip Wave Mk-Ⅱ
Tr.08 - M/S / the endless of work
Tr.09 - morilyn / 3-4-5-6
Tr.10 - Urs Kitchen (A) / Thump thump
Tr.11 - たかな / Fly to the sky
Tr.12 - くふ / ピアノ独奏における各リズムパターンに対して一般的な現代人の自然に聴取可能な最速BPMに関する研究
Tr.13 - 五十嵐傑 / Ladder
Tr.14 - タドスケ / 卒論フォースブリザード~理系は勝つ~
Tr.15 - KAH(作編曲)ORI姫(Vo) / 研究員ラボ子の生活研究!!!
Tr.16 - 歩行者 / 点P
Tr.17 - 0|1 + 前濱雄介 / 巨大不明生物の遺伝子構造
Tr.18 - ilodolly / 4℃の庭園

各曲レビュー(理系サイド)

文系サイドのTr.1と対をなすようなゲームBGM(もっと言うとイトケンサウンド)を思わせるTr.1。
とてもダークで怪しい雰囲気を醸し出し、終始こちらを気味悪がらせるネガティブな音色が特徴的なTr.2。
HR/HM方面のギターサウンドとストリングスのリードがエレジーさを打ち出しているTr.3。
幻想的な音色が終始飛び交う、フュージョンでも割と展開が分かりやすいのが嬉しいTr.4。
少し未来感のあるシンセのメロディと音色が隙間に余裕を持って飛び出してくるTr.5。
ピアノを始めとする生楽器系統の音が、響き方がクラシックのようなイメージで伝わってくるTr.6。
8bitなイントロから激しいギターロックサウンドが交わってくるTr.7。
ガチのレトロなFM音源サウンドがSTGゲーム音楽のそれを思わせる展開を繰り広げるTr.8。
ベースとドラムの音だけでどっしりと構えたサウンドを打ち出すTr.9。
ひたすらアンビエントなシンセのアルペジオが鳴り響くTr.10。
チップチューンとマッチした残響の深いシンセの音にこれまたチップチューン由来のリズムトラックが気持ちいいTr.11。
オシャレでひたすら忙しいピアノの演奏がどこかコミカルでもあるTr.12。
ジャジーでムーディなベースとエレピがゆったりとしたドラムと共に流れていくTr.13。
ひたすら軽快なポップロックをVOCALOIDがひょうひょうと歌い上げるTr.14。
いわゆる電波ソングの分類で目まぐるしく忙しなく様々な音が飛び交うのに耳をさらわれるTr.15。
早口でまくし立てるボカロの歌唱をジャンルレスなポップなオケが支える、パーカスの細かさ等にも耳を傾けたいTr.16。
ベースの音やシンセのアルペジオが奇妙なミュージック・コンクレートを支えつつじっとり音が動いていくTr.17。
こちらも文系サイドのトリと対になるような、壮大で力強いオーケストラなTr.18。

総評

ゲーム音楽好きが多いのか、そういう毛色の楽曲や音色がよく耳に入ってきましたね。
それでも参加者がほぼほぼ違うジャンルの楽曲を出してきているので、非常にバリエーションが豊かです。

文系サイドではTr.3、6、12が、理系サイドではTr.4、7、12が個人的なお気に入り。

コンポーザー各位が思い描く文系・理系のイメージがこうもバラバラだということ、示し合わせたかのようなジャンルの多様さでお得感にも溢れています。

関連リンク

Webサイト http://2016m3.wixsite.com/bunkei-rikei
BOOTH https://winna.booth.pm/items/369534

文責:タチやん(@mofday)

-R3Magazine-Web, 同人アルバムレビュー
-, , , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 AllRights Reserved.