R3Magazine-Web 同人アルバムレビュー

【同人音楽】IAとONE姉妹、初のデュエットアルバム。 ほたて三昧 / Ariaddiction【レビュー】

投稿日:2016年12月9日 更新日:

柔らかく透き通った声が特徴の姉妹、IAとONE。収録全6曲がその姉妹デュエットによるEP。
IAが好きだ!ONEが好きだ!IAとONEの姉妹が好きだ!と、熱烈な愛がギュッっと濃縮されている。
単純なクオリティで言えば、ninigiの"マガイモノ"が頭一つ抜けているが、
そこはさすが『ONE/00』にも呼ばれただけの実力者の感がある。
しかし、どの曲もそれぞれよく練られており、全体的に完成度が高く、愛が深い。
どの曲がキラータイトルと言われても、納得する仕上がりだ。

1. KAI / Blu crimson
https://twitter.com/heatmetalx

エキゾチックでサイバティック。あるいは刺激的でディスコティック。そんな、夜の都会的な魅力。
二人の歌姫(ARIA)の、アダルティックなかっこよさと高潔さを見事に表現している。
赤(IA)と青(ONE)の二人のARIAが互いに惹かれ合いそして、歌を声を響かせていく。

2. Cloa / Liaisone
https://twitter.com/rook_cloa

情熱とクールさが融合した、EDM。闇と光がチラチラと交差して、目に焼き付くような躍動感がある。
透き通るような声を響かせるときの、声のノイズが恋い焦がれ、そして叫んだような絶叫と
機械的な"ERROR"を想起させる。求めても求めても、それでも、心臓の動きは違う二人の切ないまでの想い。

3. ギャル子P / 栞
https://twitter.com/galuco_ueto
カントリーチックな、いわゆる非ケルティックな欧州系の民族調に近い。オランダ、あるいは東欧の、
広がるような畑や、海辺の草原が想起される。風になびく草のように、柔軟でのどかで素朴な感じの柔らかさ。
雨上がりの土の香りをIAとONEの声が、この静かな窓辺にふわりと届けてくれるような。
そんな包み込むような落ち着きと、暖かさに癒やされる。

4. takasannoid / ray of tears
https://twitter.com/takasannoid

青春の若々しさと、若いゆえの希望と決意に満ち溢れた曲。でも繊細。力強いギターとドラムによる
ロックネスが走り出す。アニメのOP/EDのような、伸び伸びと気持ちのよい歌唱と音楽。
いろんな感情と思いや過去に迷うからこそ、怖さを克服し勇気を持って明日へと進んでいける。

5. ninigi / マガイモノ
https://twitter.com/kasane_ninigi

マガイモノをテーマに、信じる心を歌う。本当に「マガイモノ」なのか?と思えるほどの、自然な発声と歌唱。
ピアノ・エレクトリックピアノとダブ・ドラムンによる壮大で力強く、美しいメロディ。
いろんな思いや気持ちが、まざりあって、愛を、自分を、叫び歌う。

6. てん(period) / 合唱曲ARIA
https://twitter.com/freeze_princess

実際的にファンキーで、ロック。軽快で陽気なメロディーと、やや早口なIAとONE。リズムよく淡々と
すっきりと歌うが、ふくらみがある。マスターとIA・ONEの関係をストレートに歌う。
君の作る合唱曲「ARIA」…いや、言葉を借りるなら"君たち"と作る合唱曲「ARIA」だろうか。
音の広がりも、夢の広がりも、世界の広がりも、このアルバムの締めくくりにふさわしい。

かっこよさ/美しさといった、歌姫の気高さを見せてくれる"Blue crimson"、"Liaisone -リエイゾン-"、"マガイモノ"。
優しさ/繊細さといった、少女らしい慈愛でつつんでくれる"栞"。
若々しさ/元気のよさといった、膨らみや希望を見せれてくれる"ray of tears"、"合唱曲ARIA"。
アルバム全体に厚みがありそれぞれの曲が、ONEとIAの多くの「良さ」を伝えるのに一役も二役も買っている。
IAとONEが好きならば、ますます好きになること間違い無し。

ほたて三昧。Webサイト

文責:STERN

-R3Magazine-Web, 同人アルバムレビュー
-, , , , , ,

Copyright© R3Magazine , 2017 All Rights Reserved.